教えてYouTube!初めてでも困らない企業の動画担当者のためのYouTube講座、企画からアップロード設定、視聴分析まで

Youtube活用

企業の動画担当者のためのYouTube講座、企画からアップロード、視聴分析まで

どうも、こんにちわ。
最近、お酒の量を減らしている株式会社火燵の代表です。

今回のブログは
「企業の動画担当者のためのYouTube講座」
と言うことで、YouTubeの活用の仕方について企業担当者さま向けのお役立ちブログを書きました。動画が外注から納品された場合の設定方法についてや納品前にすることと、納品後にすることで分けて書いております。

1、動画の掲載場所と成果検証方法について
2、YouTubeの設定方法について
3、YouTube動画の視聴分析の方法について

一緒に操作が出来るように動画化しました。
合わせてご覧ください。

 


1、動画の掲載場所と成果検証方法について

<動画の目次>
動画の成果検証の主な指標 1:40
Googleアナリティクス 直帰率や滞在率の確認方法 3:11

まずは、動画の掲載場所について考えてみます。
これは動画制作前に決定してください。動画の適切な掲載場所を考える時間を通して動画のシナリオや、企画自体を見つめ直すことにつながる事があります。火燵でもこの時間を大切にすることで様々な気づきを再確認することができております。とは言っても動画を掲載する場所は、ネット検索を通した世間の前例とは別にデータの裏付けで考えてもやはり下記に記載した場所に掲載することがほとんどです。もし気になる方は各ページの滞在率や直帰率などを改善するイメージでアクセスデータを参照してください。
納品された動画の主な掲載ページ
企業PR動画 = 会社概要ページ、求人ページ
リクルート = 求人ページ、新卒募集ページ
商品・サービス紹介・マニュアル動画 = 商品・サービス詳細ページ

火燵のお客様の場合は、データの裏付けをしても上記のどれかに当てはまっています。しかし、稀にお問い合わせフォームに掲載した方が良い場合などもあります。TOPページに掲載する場合は、TOPページ自体が商品紹介かサービス紹介と融合しているパターンがほとんどです。もし、TOPページに掲載したい場合は短い動画を掲載して導線を意識したような動画を掲載して詳細ページに飛ばすのが理想です。

その上で、掲載された動画の成果検証をのように行うかについてです。
動画を掲載した場合に期待できる成果指標については以下があります。
動画の成果検証時の主な指標
・問い合わせ数
・問い合わせに対する成約率
・直帰率(Googleアナリティクスで計測)
・滞在時間(Googleアナリティクスで計測)

問い合わせ数
問い合わせの総数(電話、メール、カタログのダウンロード、求人数など)は売り上げに相関を持つ数字なので非常に重要です。この問い合わせ数が動画掲載後に増えたかどうかは大切ですので必ず計測しましょう。Googleアナリティクスのコンバージョンの設定を行い、そちらで計測しましょう。

問い合わせに対する成約率
動画を視聴した人は、商品やサービスについての理解度が高くなっていると言えるので、お客様からの質問の質が違ったり問い合わせに対しての成約率に差が出ることがあります。こちらも測りましょう。

直帰率と滞在時間(Googleアナリティクスで計測)
Googleアナリティクスで、すべてのページやランディングページの項目を参照して直帰率が改善されたか?ページの平均滞在時間が上昇したかもチェックしましょう。動画を見たことでお客様の平均的な滞在時間が増えていたり、製品やサービスに興味を持ち、新たなページを回遊している可能性もあります。その場合はお客様の行動フローを確認するようにしましょう。計測の経験がある方は新規とリピータで分けて考えましょう。例で例えると接客がある現場でスタッフ紹介動画を作る場合などは、新規客を意識した企画となります。

 


2、YouTubeの設定方法について

<動画の目次>
サムネイル設定について 1:10
タイトル設定について  1:58
本文設定について  4:02
タグ設定について 4:44
設定に便利なツール Googleトレンド 8:02
設定に便利なツール Googleアナリティクス 検索クエリ 9:57

自作、あるいは納品した動画をYouTubeへアップロードする際の設定について説明します。

サムネイルについて
サムネイルは外注をしてでも必ず作ってください。関連動画に表示された場合は、ほとんどカスタムサムネイルだけでその動画を再生するかどうかを判断されることになります。第一印象が大事なのです。皆さんはコンパや飲み会に参加するときに、生活感のある家着や寝間着で出かけますでしょうか?それと同じです。外注先さんには「一目で動画の内容が分かるもの」を理想として相談するようにしょましょう。動画を作る以上に大事なものと思ってください。

タイトル
タイトルも空前絶後に重要です。YouTubeにアップして動画を活用する場合は、YouTubeでタイトル、タグ、本文、サムネイルの設定を行うまでが動画制作です。必ず設定をしてください。
動画にもありますが、実際にお客様が検索しそうだな!と思うキーワードでYouTube検索をしてください。(可能であればGoogleやYahoo!でも)タイトルで使用した文言は、YouTube検索での検索結果として引っかかります。
ターゲットとなる視聴者が検索しそうだなと思うのもを設定しましょう。タイトルを設定後、視聴者が自分の思った検索キーワードで検索していないなと思ったら後から、変更が可能です。複数候補がある場合は悩まずに順番に試してみるくらいの気持ちで設定しましょう。

本文
本文ではその動画を包括的に説明するようにしましょう。
順番としては(一例です。)
・動画の詳細
(ナレーション原稿がある場合は、そのまま記載してもOK。ただしホームページの検索クエリと合わせましょう。)
・視聴後のアクション誘い文
・関連SNSや自社サイトURL
・お問い合わせ先(YouTubeに直接コメントを書き込まれても反応できる方はその旨も)
本文の内容はYouTube検索結果でヒットすることもあるのでタイトルで使用した重要キーワードを使用することもお忘れなく、ただし頻繁に使う必要はありません。
10:00 < 動画が長い場合はこのような書き方で目次を作るようにしましょう。クリックするとその時間がから再生されます。
動画でも視聴後のアクションを促す必要はありますが、動画の再生が終了した場合に何をして欲しいかも明確に書きましょう。可能であればカードや終了画面の設定も行います。アノテーションは今後廃止されることが2年前から公式にアナウンスされていますので使用はお勧めしません。(カードや終了画面のお話は次回以降にします。)
具体的に視聴後のアクションを上げてみましょう。SNSアカウントのフォロー、チャンネル登録、会員登録、コメント、シェア、自社のショッピングサイト訪問、お問い合わせなどなど一つか二つまでに絞り視聴後のアクションを促しましょう。見込み客、SNSのフォローやチャンネル登録、リピータならユーザの満足度を高めるメルマガなどでしょうか。(カードや終了画面のお話は次回以降にします。)

タグ
タグも絶対に入れましょう。5年前くらいはタグを20個以上入れるのが流行っていましたが、最近のYouTuberの動画で公開後1ヶ月で再生回数が数万~数十万回の物を計測してみるとタグを20以上入れているケースがほとんどないようです。場合によっては5個前後、多くても10個くらいでした。動画に関連の薄いものはいれない傾向なのでしょう。短い動画の場合はタグを多く設定することが難しいのもあるかもしれませんが、ここ数年でYouTubeにアップされる動画の数も増えたのでタグの強さを保つために敢えて数を少なくしているのかもしれません。今後も検証を続けますが、欲張らずに5~10個としましょう。設定で迷われた方は他のYouTube動画のタグを参考にしましょう。WEB普段WEBページを見ているブラウザから「ソース」を見る項目があると思います。(ブラウザの種類によって違います。)また動画を自社サイトに掲載する場合はGoogleアナリティクスのサーチコンロールから検索クエリを参照してください。表示回数やクリック数が多いキーワードは優先的にタグに流用しましょう。Googleトレンドで検索の流行りを掴むのも重要です。動画でもあるように「動画」と「映像」など、似たような意味でも検索ボリュームが全く違う事もあります。皆さんが普段使っている業界用語のボリュームくらいはチェックしてみても良いでしょう。

 


3、YouTube動画の視聴分析の方法

<動画の目次>
視聴者維持率について 1:25
視聴者維持率の見方について 4:54
トラフィックソース(外部)について 8:00
トラフィックソース(YouTube検索)について 9:03

皆さん、今動画の視聴分析をする上で絶対に無視できない指標はなんだと思いますが?これ実は視聴者維持率という指標なのです。YouTubeクリエイターアカデミーにこう言う記述があります。

引用=YouTubeクリエイターアカデミー
https://creatoracademy.youtube.com/page/lesson/engagement-analytics?cid=analytics-series&hl=ja#yt-creators-strategies-4

視聴者維持率をできる限り 100% に近づけることを目標にしましょう。つまり、動画を最初から最後まで見てもらえるようにするということです。一貫して視聴者維持率が高く、総再生時間も長い動画は YouTube の検索結果やおすすめ動画で表示される頻度が高くなる可能性があります。

 これは何を表しているかというと、YouTubeの検索結果には視聴者維持率が高い動画の穂が良いという事、同じ視聴者維持率の動画であれば総再生時間が長い動画が優先されるという事が書かれています。一般的に会社紹介や広告動画は短い方が良いと言われます。それは長すぎると観てもらえないからです。しかし、実際には長い動画なのに視聴者維持率が高い動画の方が観れ貰えるチャンスは上がる為に、視聴者維持率を重視した動画企画が重要になってきます。
 
 視聴者維持率はYouTubeアナリティクスで確認することができます。自社の動画がどう言った視聴状況なのか確認しましょう。一度アップした動画からは次回の動画制作のヒントが得られます。視聴者維持率をアップする為に有効な指標はたくさんありますが、上記のYouTube動画の中では
トラフィックソース > 外部
トラフィックソース > YouTUbe検索

を紹介しています。
トラフィックソースの外部はみなさんの動画がどこで発見されたか、わかるようになっています。トラフィックソースYouTUbe検索はみなさんの動画がYouTube内でどういう検索ワードで検索されたか分かるようになっています。皆さんが商品などをPRしたいと思って作った動画はみなさんが意図するキーワードで検索されていますでしょうか?一度、チェックしてみてください。

 以上、「企業の動画担当者のためのYouTube講座」ということで、動画の掲載場所と成果検証方法について、そして、YouTubeの設定方法についてやYouTube動画の視聴分析の方法についてお伝えしました。動画の視聴分析にはYouTubeアナリティクスは外せないツールとなっています。他のツールと併用することで動画マーケティングの精度は大幅に向上します。ぜひ実践してみてください。

分からないことやご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。

「Youtube活用」の関連記事


新着記事

高知市雇用創出協議会の依頼で動画マーケティング力強化セミナーを開催します

動画マーケティング力強化セミナー

動画マーケティング

高知市雇用創出協議会の依頼で動画マーケティング力強化セミナーを開催することになりました。▼高……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です