動画マーケティング

ピコ太郎のPPAPの動画を業者が作ったらどれくらいの予算か

みなさん、こんにちわ。

制作が忙しくて、かなり投稿の期間が空いてしまいました。これはヤバイぞ!という事で秋にスタッフが2名増えました。これでブログや動画をアップする時間もできるでしょう。今後は定期的にアップしていきます。

ブログ復活第1弾として今、巷で話題の(検索ボリュームは今日でピーク時の約半分)ピコ太郎のPPAP動画、この動画の制作費は無企画のゼロベース状態から作るとだいたいどれくらいなのか?を計算してみたいと思います!!

以下は今回の検証動画となるピコ太郎さんのPPAP動画です。

一度、聞いたら忘れない頭に残る音楽、誰でも直ぐに真似できる踊りと歌詞。本当に面白い動画ですね。

この動画の最初から最後までの画像を切り出し分析・計算していきます。
まずは動画の最初部分です。



1、ロゴマーク

ピコ太郎 ロゴ
まずは動画の素材作りましょう!ってことでロゴマークの制作費が発生します。この画像、配色がいいですね。動画全体の音とも非常に馴染んています。いい仕事です!腕の良いデザイナーさんの仕事ですね。(実際はピコ太郎さん作成でしょうか?)
(ディレクション込み 提案2案 100,000円~)


 


2、サウンドロゴ
ピコ太郎 正面1そそして、ピ♩コ♩タロオ~♩ピコ!というふうに聞こえてくるサウンドロゴです。これも作業が発生します。サウンドデザイナーさんの仕事です。火燵で制作する場合も、映画、アニメで実績のあるサウンドデザイナーさんがお仕事をします。このクオリティもピコ太郎さんの経歴を考えると納得です。
(音声の収録、SE(効果音)の作成、ディレクション込み 200,000円~)


3、役者さん
そしてピコ太郎さんのギャラです。地方だとアルバイトの綺麗なモデルさんで最低30,000円くらいからでしょう。演技ができる、要望にある程度答えてもらう場合、もう少しギャラが発生する場合もあります。その場合、事務所の方に相談します。
(今回は30,000円で計上します。交通費別)

 


4、衣装、ヘアメイク、スタイリスト
衣装や髪型にこだわる場合はヘアメイクさん、衣装さん、スタイリストさんがつきます。地方で撮影する場合は、衣装はモデルさんの持ち込み衣装に頼る場合が多いです。(モデルさん、いつもありがとうございます。)ヘアメイクさんは技術職なのでギャラが高くなります。
(1日 交通費別 50,000円~)

 


5、スタジオレンタル代
背景が真っ白です。綺麗なスタジオで撮影しています。両サイドに照明を炊いているように見えます。地方ではこう言った設備は本当に少ないですがスタジオの1時間レンタルの相場15,000円くらいでしょうか。企画がしっかり決まっていれば、収録は設営からバラシまで3Hくらいでしょうか。納品尺は1分の動画です。数テイク撮影することが可能でしょう。
(スタジオレンタル 15,000円 x 3H = 45,000円)

 


6、BGM作成
サウンドロゴとは別で音楽クリエイターがBGMを作成しています。これにより現場では口パクでの撮影が可能です。この動画の音楽のクオリティは皆さんの感想と同じで「一度聞くと耳から離れない」音楽と歌詞が凄い破壊力を持っています。狙って作れる領域ではない気がします。(汗)それもそのはずです。ピコ太郎さんの正体は私たち30代後半くらいのお笑い好きなら誰でも知っているあのお笑いグループの元メンバーらしいです!現在は音楽家の側面があるそうです。
(BGM 作曲作詞:150,000円~)

 


7、撮影&編集

 

PPAP カメラ左前
画像1 カメラ左前
PPAP 正面引き
画像2 正面引き
PPAP 正面より
画像3 正面より
メガネの写り込み
画像4 ピコ太郎のメガネ

カメラマンは1人だと想定しています。ところどころ画像を拡大するとピコ太郎さんの眼鏡レンズにカメラマンの足が写り込んでいます。おそらく編集もこの方がされたのではないでしょうか。その方がクリエイターさんも仕事が確保できますし、納品までの効率も良いはずです。

さらに動画から推測すると2カメで収録している可能性が高いです。
左斜め前から1台。(手持ち 画像1)
正面の1台は引き(画像2。全体を写す)
正面のカメラは一回撮影をして、その後に画像3(上半身のみ写す画角)で収録されているはずです。)
編集は色あわせ、補正、テロップ挿入などある程度の要望に対応できる金額です。
(撮影編集込みで150,000円~)

 


8、最後に

PPAP 右前
画像7 キメのところは右側から撮影しています。

 

ラスト ロゴ
最後は「ピコ!」のサウンドロゴで終了しています。

 


9、企画運営費
おそらくこの動画の場合はピコ太郎さんが企画されたのだと思うのですがゼロベースだと企画運営費が発生します。打ち合わせや提案企画本数で変わります。
(企画運営費 100,000円)

 


以上、合算しますと

1、ロゴマーク (提案2案 100,000円~)
2、サウンドロゴ (収録、SE、ディレクション 200,000円~)
3、
役者さん 1人 (8H 交通費別 30,000円~)
4、衣装、ヘアメイク、スタイリスト (8H 交通費別 50,000円~)
5、スタジオレンタル代 (15,000円 x 3H = 45,000円)
6、BGM作成 (作曲作詞 150,000円~)
7、カメラマン&編集 (撮影&編集 100,000円~)
8、企画運営費 (企画運営費 100,000円~)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
合計 825,000円

非常に高額になりました。高く感じますね。確認ですが、この金額はアイデアが全くない状態からの企画から納品まで含めるとこのような金額になるという話です。この金額からコンセプトを元にこだわりを入れていけばもっと高額になると思います。

しかし実際にピコ太郎さんが製作にかけた予算は衣装代2万円とスタジオ代だけとの話。
そう考えると
1、ロゴマーク      友人作成?
2、サウンドロゴ     自作
3、役者さん       自分
4、衣装         20,000円
5、スタジオレンタル代  45,000円
6、BGM作成       自作
7、カメラマン&編集   友人作成?
8、企画運営費      自作
業界人ですので制作コストの抑え方はご存知でしょう。

最近ではスマートフォンひとつあれば、動画をSNSに公開することなど非常に簡単な時代になっています。誰でも動画制作を楽しむことができます。これからの忘年会シーズン、余興をピコ太郎さんのPPAP動画を作成して会場を盛り上げるならiPhone1台でも作成可能ですね!ぜひ、楽しい動画制作ライフをお送りください!

「動画マーケティング」の関連記事


新着記事

『これからは自社で動画を作っちゃう?』動画の内製化で揃えた方が良い機材と予算感について

動画マーケティング

皆さん、こんにちは。 今回は企業が動画を内製化したい時に揃えたい機材と予算感について説明します。最……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA