動画マーケティング

動画の見積もりを依頼する時のポイント「御社で動画を作ったら、だいたいどれくらいですか?」よりも良い質問とは?

こんにちは、いよいよ春からマーケティングオートメーションに挑戦します。
多分、勝ちます。株式会社火燵です。

今回は同業他社さまにもきっと共感していただけるネタです。
金額が安いのがいい!とか高級志向だよね!とか、そういう話ではありません。
「御社で動画を作ったら、だいたいどれくらいですか?」について
深く深~く考えていきたいと思います。

まずは共感が最も多いと思われること。
お客様から最も多く、そして一番最初に聞かれる質問があります。
多分、他社さんも同じではないでしょうか。

「御社で動画を作ったら、だいたいどれくらいですか?」

とってもポピュラーな質問です。これ”動画”の部分を変えて質問したことがあります。
それぞれの業界で”動画”の部分をその業界の商品に置き換えてもいけそうです。
おそらく、最も多い質問でしょう。

この質問を動画制作会社にしたお客様に対する返答はおそらくどの会社も同じになると思います。
敢えてお答えするなら

  • 動画のプランによって値段が決まっている。
  • 要望を聞いて撮影・編集の有無やクオリティを聞いて見積もりを立てる。

ほとんどこの二つに分かれると思います。

確かに、ついつい言ってしまいます。でも、この質問、よく考えてみると、かなりざっくりしています。
そして、このざっくり質問を無意識でしてしまう方。
もしかして、この「御社で動画を作ったら、だいたいどれくらいですか?」という質問を
ネット検索で出てきた上位の業者さんにコピペしてメールお問い合わせしていませんか?
「返事が早かった人はポイントが高い」なんかを思いながら…。

もし、そうであれば今すぐ質問の方法を変えることをお勧めします。
まず、この質問では動画制作会社がお客さまが作りたい動画がどういったものか詳細が伝わらずに正しい金額を返答出来ていないことが考えられます。そして、制作方法は会社によって異なるので値段にもかなりに開きが出ると思います。

「なんだよ。業者によって全然違うじゃないか!」
これ、当たり前です。

そんな時には以下の質問が良いと思いますよ!
同レベル、同じようなクオリティや仕様の動画の金額差を調べたいのであれば
「●●のような動画を作りたいのですが、どれくらいかかりましょうでしょうか?」
この●●の部分が詳細であれば、一回の質問でより具体的な金額を聞くことが可能でしょう。
この方法で「ある一つの基準で金額の一番安い会社」を割り出すことが可能です。
いや~、良いブログが書けました。動画のお問合わせは火燵まで!笑

●●に入るところの例を言いますと

  • 見本になるYouTube動画のURL
  • 動画の長さ
  • 撮影の有無。撮って欲しい場所、物、回数
  • 編集の有無。CG、3DCG、特殊編集
  • お客様側からデータの提供の有無
  • 納期

などなど、具体的な要望があれば、見積もり精度の高い物になるでしょう。
そして、こういったものがあれば、詳細見積もりが可能ですので
金額交渉や自分が思っていたものと違う部分の交渉や相談も可能となります。

更に言いますと、業者によってはやはり金額の高低があり、その差でサービスが変わってくるのではないかと思います。
安い場合、高い場合はそう言ったサービス面を質問してみても良いのではないでしょうか。

サービス面での例を言えば

  • 制作スケジュールの提示が可能 > 制作チームが決まっている。(再外注の確率が低い)
  • データの譲渡 > 納品後この部分だけ動画が欲しいと思った時に対応してくれる会社は結構少ないです。
  • 分析     > 公開した動画の視聴維持率や検索されたキーワードなどのレポート提出。

などなど

金額を抑えることに注力するあまり、サービス面で「この業者使いづらい。頭が硬い。」など悩んでらっしゃる方もいるようです。
どうでしょうか?参考になりましたでしょうか?
まずは、見積もりを取る前に火燵に連絡して作りたい動画のプランをまとめてみてはいかがでしょうか?笑

「動画マーケティング」の関連記事


新着記事

『これからは自社で動画を作っちゃう?』動画の内製化で揃えた方が良い機材と予算感について

動画マーケティング

皆さん、こんにちは。 今回は企業が動画を内製化したい時に揃えたい機材と予算感について説明します。最……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA