シーケンス・シーン・カットとは?【カット編集のコツ】専門用語確認編

みなさん、こんにちは。株式会社火燵です。
今回からカット編集のコツシリーズとして、5回に分けてお伝えいたします。

第1回は専門用語確認編としてシーケンス・シーン・カットのそれぞれが持つ言葉の意味を確認いたします。それによって、お互い言葉の意味の矛盾を防げます。是非最後までご覧ください。

シーケンス・シーン・カット それぞれ言葉の意味は?

まずこちらの図をご覧ください。

映像作品(動画)の構成

カットとは

完成した動画が一本の作品とすると、その動画構成の最小単位カットと言います。撮影現場での1カットというのは、一回録画ボタンを押して停止するまでの動画のことを言います。

シーンとは

シーンは、カットが集まったものです。
なので、シーンはカットの順序を調整して、表現していきます。シーンはどのように区切るかというと、時間や場所、あるいは1つのモチーフで区切って構成することが多いです。

戦闘シーン、逃走シーンなど

シーケンスとは

シーケンスは、そのシーンが集まったものです。
シーンの集まりなので、起承転結を表現できます。シーンそのものには大きな物語性はないですが、シーケンスに関してはその物語性が強く、起承転結の一部を指すことも多いです。

このシーケンスが集まって、一つの映像作品が完成します。

一冊の本で例えると

さらに理解しやすいように、「シーケンス・シーン・カット」を一冊の本で例えると、このようになります。

動画の構成を一冊の本で例えると…
シーケンス

シーン

段落、文章

カット

単語、文字

動画の調整部分としては、カット構図シーン・シーケンスカットの集まり(構成)となります。

まとめ

冒頭で述べたとおり、このカット編集のコツシリーズは5回にわたってお届けいたします。
今回で『シーケンス・シーン・カット』のそれぞれの言葉の意味をしっかり理解し、次回からのシリーズをご覧ください。

次回(第2回)は「構図と構成の関係」についてお伝えします。こちらも是非ご確認ください。

火燵のYouTubeチャンネルアート
火燵 YouTubeチャンネル
動画で情報を発信する企業・個人を応援するチャンネルです。
登録すると、YouTube運営に関するあらゆる相談を無料でお答えします。
関連の事業・サービスの詳細はこちら!
団体・企業のための動画制作クオリティーアップ支援

ただいま、多くのお問い合わせをいただいております。電話対応スタッフが不在の時は、折り返します。

受付時間 平日10:00~17:00(土日祝除く)

東京オフィス
香川オフィス