【事例】Amazonスポンサーブランド動画広告の審査NG のポイント

みなさん、こんにちは。株式会社火燵です。
本日はAmazonスポンサーブランド動画広告の審査NGポイントについてお伝えしていきます。

弊社ではAmazonスポンサーブランド動画広告の制作を請け負っており、日々お問い合わせが増えている状態です。

制作実績も多くなる中、「成果が出た!」などのお客様から嬉しいお声をいただくと同時に「AmazonからAmazonスポンサーブランド動画広告の審査NGの通知が来た!」というお客様も増えてきています(なる早で修正しております!)。

今回は、そんなお客様との悲しい情報共有である審査NGになってしまう可能性が高いパターンについて記していきます。こちらのページは、新しいNGパターンが出たら随時更新していきます。

アクションセーフからはみ出している(NOT SAFEエリアにテキストが被っている)

Amazonスポンサーブランド動画広告 セーフエリアテンプレート
Amazonスポンサーブランド動画広告 セーフエリアテンプレート

こちらはAmazonスポンサーブランド動画広告のセーフエリアです。セーフエリアとは、アナログテレビ放送の時の名残りでの通称で「ここに文字が来ると読めません。あるいは画面からはみ出ます。」の意味です。

このテンプレートを見る限り、右下には文字を配置するのは避けた方が良いでしょう。ここにはスピーカーに×印であるミュートボタンが来ます。

Amazonスポンサーブランド動画広告は、ユーザーの目に触れた時にデフォルトではミュートになっています。ここに文字を置くことによって、UX的にもよくないという判断なのでしょう。

このセーフエリアテンプレートは半年ほどでアップデートされていますが、頻繁に変わるものではありません。ディレクターは「とにかく右下に文字はやばい」と覚えましょう
余計な編集の手間を発生させると、制作会社によっては追加料金を取られることがありますので、ご注意ください。

「Amazon」の表記が動画内にある

Amazonの表記を入れているNG例

動画内にAmazonの表記がある場合も、基本的にNGとなります。
例外もあるようですが、この審査NGとなる時のパターンとしては「Amazonランキング1位!」という使われ方だと思います。商品紹介画像では「○○年○月○日付、Amazonランキング第1位」など使っているお客様も多くいますが、動画にした時にはNGのようです。

お客様からは不満の声が上がっておりますが、Amazonスポンサーブランド動画広告の仕様のため、仕方ありません。「Amazonでのランキングを訴求するよりも、商品の特徴やベネフィットを訴求せよ」とAmazon様の御達しだと諦めましょう。

Amazonレビューの転載やスクショがある

レビューのスクショを入れているNG例

動画内にAmazonの商品ページ内にあるレビューのスクショも、NGのパターンとなります。
スクショでも転載でも、ほぼ100%NGとなります。

しかし、Amazonセラーセントラル公式ページにはこのような記載があります。

レビューの著作権はレビューを書いた人が持っています。レビューに返信して、レビューを書いた人から承認を得てください。

商品レビューに関する質問への回答 – Amazonセラーセントラル
https://sellercentral.amazon.com/gp/help/external/201972160?language=ja_JP

上記のAmazonの公式ページを見る限りでは、お客様に許可さえ取れば利用可能とも取れる記述です。なので「動画編集に盛り込んで欲しい」とご依頼をいただくことが多いです。

商品紹介画像にはAmazonのカスタマーレビューが掲載されているケースが多く見られるため「なんでだよ!」となりますが、こちらはAmazonスポンサーブランド動画広告の仕様ではありません。「動画広告の場合、カスタマーレビューの使用は全面的に禁止」と解釈をせざるを得ないですね。カスタマーレビューを動画広告で使うのは諦めましょう。

数的実績を掲載しているが根拠がない

実績を表記したNG例

「販売実績〇〇個突破」や「SNSで〇〇回の視聴回数!」などを掲載する場合は「調査期間、調査年月」が必要になります。(例:2021年5月 自社調べ)

こちらがない場合は、ほぼ100%NGとなります。

「売上ランキングNO.1」と表記したが、データが18か月以内でない

ランキング表記NG例

ランキング表示は売上に影響大のため、こちらも審査が厳しくなっています。原則、ランキング表示をしたい場合は、「調査期間、調査年月」の表示があることが前提で、データが18ヶ月以内でなければならないという審査基準があるようです。

「自社調べ」でも良いみたいです。自社サイトに根拠を示しておくと、お客様にも分かりやすいですね。

画面内に映画風の黒いラインを入れている

黒いラインを入れた審査NGバージョン
黒いラインを削除した審査OKバージョン

黒いラインを画面の上下に入れると、映画のような雰囲気が出ます。
動画をかっこよくしたい時には有効ですが、Amazonの審査基準にはひっかかります。
あくまで商品PRのための動画、ということのようです。

過度にスピリチュアルな言葉を使用している

スピリチュアルな文言を使用している審査NGパターンの画面

浄化やヒーリングなど、スピリチュアル過ぎる言葉を使用した場合、審査にひっかかることがあります。
証明するのが難しく、根拠の不透明さが問題なのかも知れません。


以上、これからも動画広告審査NGのパターンがあったら追記していきます。

関連の事業・サービスの詳細はこちら!
Amazon商品ページの情報から動画広告を制作

ただいま、多くのお問い合わせをいただいております。電話対応スタッフが不在の時は、折り返します。

受付時間 平日10:00~17:00(土日祝除く)

東京オフィス
香川オフィス