株式会社火燵(こたつ)は、成果や売上にこだわる方のための動画マーケティング会社です。動画コンサルティング・動画制作・WEBマーケティング・動画制作内製化支援ならお任せください。

【解説/動画付】Amazonで販売するには?アカウント開設から初期設定、ユーザー権限管理まで

EC

Amazonアカウント開設方法

Amazon出品用アカウントの開設手順について説明します。

Amazonアカウント開設方法解説動画

アカウント開設の流れ

  1. Amazon出品サービスにアクセス
  2. AmazonにログインもしくはAmazonアカウントを作成
  3. 事業所の所在地と業種を選択
  4. 企業情報入力
  5. 登録するマーケットプレイスを確認(北米・日本・ヨーロッパ)
  6. 請求先情報入力
  7. ストア情報入力
  8. 身分証明
  9. 送信

1-1.Amazon出品サービスにアクセス

Amazon出品サービスサイトキャプチャー
Amazon出品サービス(https://services.amazon.co.jp/)にアクセスし、「さっそく始める」をクリックします。

1-2.AmazonにログインもしくはAmazonアカウントを作成

Amazon seller central ログイン画面
既に購入者アカウントをお持ちの方はメールか携帯電話番号を入力して「次へ」をクリックします。
新たに出品用アカウントを作りたい方は「Amazonアカウントを作成」をクリックして、「名前」「メールアドレス」「パスワード」を入力します。
Amazon seller central メールアドレス確認画面
入力後、メールアドレス確認のためコードを入力します。

1-3.事業所の所在地と業種を選択

事業所の所在地と業種の選択画面
ログイン後、事業所の所在地と業種を選択し「同意して続行する」をクリックします。
規約関係もご確認ください。

1-4.企業情報入力

企業情報入力画面
企業情報を入力し、ワンタイムパスワードで本人確認を行います。

1-5.登録するマーケットプレイスを確認(北米・日本・ヨーロッパ)

マーケットプレイス固有の詳細
北米でも売りたいという方は北米にチェックを入れます。
日本国内のみで良いという方は日本のみチェックします。

1-6.請求先情報入力

請求先情報入力画面(クレジットカード情報入力)
クレジットカード情報を入力して「次へ」をクリックします。

1-7.ストア情報入力

ストア情報入力画面
お客様の目に触れるストア名を入力し、JANコードの有無とブランド所有者・代表者の申告を行います。

1-8.身分証明

身分証明入力画面
アカウント所有者か窓口担当者の身分証明を行います。
個人情報を入力し、免許証など身分を証明する書類のアップロードをします。

1-9.送信

送信完了画面
送信するとこのような画面になります。

「2営業日以内にご連絡いたします。」と出たらAmazon出品用アカウントの最初の設定は終了です。あとはメールを待ちます。

ID認証画面
※まれに、本人確認のためのビデオ通話による審査が行われる場合があります。
面談を希望する日時を選択し、面接日の予約をします。

2段階認証設定

2段階認証と初期設定についての解説動画

2段階認証設定の流れ

  1. Amazonからメールが届く
  2. 2段階認証設定

2-1.Amazonからメールが届く

「Amazon出品用アカウントの利用が可能になりました」メール画面
Amazon出品用アカウントの登録が完了し、提出書類に問題がなければAmazonより「Amazon出品用アカウントの利用が可能になりました」というメールが届きます。これでAmazon出品用アカウントが利用可能になります。
「Amazon出品サービスへようこそ!」メール画面
また「Amazon出品サービスへようこそ!」というメールも届きます。
目次にある内容に従って作業を行うとAmazonでの出品販売活動が行えます。

2-2.2段階認証設定

まずは2段階認証を完了させます。

セラーセントラルログイン後画面
セラーセントラルにログインし、「日本のマーケットプレイスに移動する」をクリックします。

2段階認証作業を行います。

2段階認証の登録
2段階認証は電話番号を使用したものとアプリを使用したものがあります。
お好きな方で認証してください。
第1手段、バックアップ手段共に登録します。

認証後「セラーセントラル」というAmazon出品管理システムが利用できるようになります。

Amazon seller central 基本画面
こちらが「セラーセントラル」の基本画面です。

初期設定

まずは初期設定を行います。主な出品者情報を設定していきます。

出品用アカウント情報リンク選択画面
「出品者アカウント情報」に移動し、各種設定を行います。

3-1.銀行口座情報

銀行口座情報リンク選択
まずは「支払情報」の「銀行口座情報」を選択します。
銀行口座情報入力画面
銀行口座情報を入力します。

3-2.出品者プロフィール

「出品者プロフィール」リンク選択
次は「出品者プロフィール」を更新します。
出品者の情報入力画面
お客様とのやり取りを行うメールアドレスなどを設定します。

3-3.支払い方法の設定

次に「支払い方法の設定」をします。

支払い方法の設定(コンビニ払い/代金引換)のリンク選択画面
「支払い方法の設定(コンビニ払い / 代金引換)」を選択します。
支払い方法の設定(コンビニ決済の有無)
コンビニ決済の有無を設定します。

3-4.配送設定

「配送設定」リンク選択画面
「配送・返品情報」にある「配送設定」を選択します。
配送設定編集
Amazon倉庫からでなく、自社から発送する場合の設定を行います。

以上、商品登録以外に設定が必要なものは「出品者アカウント情報」画面に集約されていますので、必要に応じて設定してください。

ユーザー権限の付与

ユーザー権限ページからアクセス権を付与する方法について説明します。
広告会社や商品登録代行業者さんを招待する時の作業になります。

ユーザー権限の付与についての解説動画

権限付与の流れ

  1. 「ユーザー権限」ページに移動
  2. 新規セラーセントラルユーザーの新規追加
  3. 承認された側に招待メールが届く
  4. アクセス権限の管理

4-1.「ユーザー権限」ページに移動

ユーザー権限リンク選択
まず「設定」→「ユーザー権限」をクリックします。

4-2.新規セラーセントラルユーザーの新規追加

ユーザー権限の「新規セラーセントラルユーザーの新規追加」に記入
招待したい方の氏名とメールアドレスを入力して「招待」ボタンをクリックし、招待が承認されるのを待ちます。

4-3.承認された側に招待メールが届く

セラーセントラルのご招待メール
承認された側は、 設定したメールアドレス宛にメールが届きます。
メールの内容に従って招待を承認します。

4-4.アクセス権限の管理

「アクセス権限の管理」をクリック
招待が承認されたら、ユーザー権限設定ページ内で「アクセス権限の管理」クリックし編集します。
ユーザー権限付与設定画面
各項目どこまで権限を付与するか設定できます。
例えば、商品登録や価格設定、広告編集の作業のみを依頼したい場合は、表示と管理のボタンをクリックします。
権限の確認画面
完了したら「次へ」をクリックして変更された権限の確認を行い作業完了です。

以上、Amazonで出品用のアカウントを開設して、外注さんに商品登録を依頼する際に必要な作業についての解説でした。

「EC」の関連記事

記事はありませんでした


新着記事