株式会社火燵(こたつ)は、成果や売上にこだわる方のための動画マーケティング会社です。動画コンサルティング・動画制作・WEBマーケティング・動画制作内製化支援ならお任せください。

WordPressで他媒体から引用する方法【初心者向け/WordPressの使い方】

その他

みなさまこんにちは。弊社でもウェブサイト制作によく使用しているCMS、WordPressの使い方を何回かに分けてお伝えしております。

今回は、WordPressで引用する方法をお伝えいたします。

引用ブロックアイコン

他のサイトや書籍から引用したいなら、「引用」ブロックの出番です。
引用するときは、必ず使用しましょう

普通の段落ブロックなどで掲載すると、転載となってしまいます。ご注意ください。
引用のルールにつきましては、文化庁にございます。

 [1]公正な慣行に合致すること,引用の目的上,正当な範囲内で行われることを条件とし,自分の著作物に他人の著作物を引用して利用することができる。同様の目的であれば,翻訳もできる。(注5)[2]国等が行政のPRのために発行した資料等は,説明の材料として新聞,雑誌等に転載することができる。ただし,転載を禁ずる旨の表示がされている場合はこの例外規定は適用されない。

著作物が自由に使える場合 | 文化庁

(注5)引用における注意事項

 他人の著作物を自分の著作物の中に取り込む場合,すなわち引用を行う場合,一般的には,以下の事項に注意しなければなりません。

(1)他人の著作物を引用する必然性があること。
(2)かぎ括弧をつけるなど,自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
(3)自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)。
(4)出所の明示がなされていること。(第48条)
(参照:最判昭和55年3月28日 「パロディー事件」)

著作物が自由に使える場合 | 文化庁

引用する際は、必ず確認しておきましょう。

引用ブロックの追加方法

プラスボタンから「引用」ブロック選択
エディタ画面の「ブロックを追加」から「引用」ブロック選択
左上のプラスボタンからメニューを開いて「引用」ブロックを選択
画面左上プラスボタンからメニューを開き「引用」ブロック選択
  1. 「引用」ブロックを追加します。
  2. 引用するテキストをコピーし、「引用」ブロックにペーストしましょう。
    画像の場合は「インライン画像」での挿入をオススメします。
  3. 引用した文章の下に、引用元のページタイトルを記載します。
    引用元ページのリンクは必ず貼りましょう。書籍などの場合も、出典元を必ず掲載ください
    引用ブロックの記述
引用ブロックでWikipediaの内容を引用する(アニメーション)
引用ブロックの挿入方法

引用ブロックのスタイル選択

強調したい場合、右メニューバーから「大サイズ」スタイルが選べます。

引用スタイル「大サイズ」選択

テキスト配置変更

引用ブロックツールメニューの「テキストの配置を変更」ボタン

ブロックツールから、テキストを左・中央・右寄せに設定できます。

引用ブロックのテキスト配置変更(アニメーション)

プルクオートブロック

プルクオートブロックアイコン

似たようなブロックの「プルクオート」もあります。

プラスボタンから「プルクオート」ブロック選択
エディタ画面の「ブロックを追加」から「プルクオート」ブロック選択
左上のプラスボタンからメニューを開いて「プルクオート」ブロックを選択
画面左上プラスボタンからメニューを開き「プルクオート」ブロック選択

プルクオートブロックに変換する方法

引用ブロックを「プルクオート」に変換するには、下記の手順で行います。

「ブロックタイプまたはスタイルを変換」から「プルクオート」を選択
  1. ブロックツールバーの左端にある「引用:ブロックタイプまたはスタイルを変更」をクリック
  2. プルクオート」をクリック
  3. 変換されました
引用ブロックをプルクオートブロックに変換(アニメーション)

「プルクオート」と「引用」の違い

「プルクオート」は「引用」ブロックと役割は同じで、引用内容と出典元を記載できるエリアがあります。
違いは、デザインスタイルの幅です。
具体的には、もともとのフォントサイズが大きく、「引用」ブロックにはできない「色変更」が可能であることです。

背景や文字色をつけたいなら「プルクオート」ブロックの方をオススメします。

プルクオートブロックのスタイルと色設定

プルクオートのスタイルは「デフォルト」か「単色」を選べます。

デフォルト
「色」で「メインカラー」を設定しても、適用されません。「テキスト色」を設定すると、文字の色が変わります。
単色
「色」で「メインカラー」を設定すると、背景色が変わります。「テキスト色」を設定すると、文字の色が変わります。

メインカラーを黒に、テキスト色を黄色に設定し、2つのスタイルを比べてみました。
「デフォルト」はテキストの色が黄色になっただけですが、「単色」は背景が黒でテキストの色も黄色になりました。

プルクオートブロックのスタイルと色変更(アニメーション)

配置変更

プルクオートブロックツール「配置を変更」ボタン

ブロックツールから、配置を左・右寄せに設定できます。

引用ブロックの配置変更(アニメーション)

以上、引用コンテンツの挿入方法を解説しました。

その他のブロックについての解説は、WordPressレクチャーからご覧ください。

WordPressレクチャーシリーズ一覧

「その他」の関連記事


新着記事