ヒートマップツール「Mouseflow(マウスフロー)」管理画面と設定項目を解説します!

みなさん、こんにちは。株式会社火燵です。
前回、Mouseflow(マウスフロー)の無料トライアルお申し込みから計測開始までの流れをご紹介いたしました。

前回のブログ記事はこちら

今回は無料トライアル開始後、ログイン後の管理画面と基本的な設定をご紹介します。

Mouseflowのログイン方法

その前に、Mouseflowにログインする方法をご案内します。

こちらは2024年2月現在のログイン方法とスクリーンショットとなっています。アップデートなどで変わる可能性がございます。

Mouseflow公式サイトにアクセスし、画面右上にある「ログイン」を選択します。
Mouseflow トップページ
ポップアップ画面が開いたら、「ログイン(日本語)」を選択します。
Mouseflow ログイン ポップアップ
新しいタブで「Mouseflowにサインイン」の画面が表示されたら、ログイン情報を記入します。
Mouseflowにサインイン

ログイン後の管理画面

ログイン後の画面がこちらです。
Mouseflow(マウスフロー)では、どのような設定ができるのか解説していきましょう。
今回は、ヘッダーとサイドバーで分けてご紹介します。

Mouseflow 管理画面 ヘッダー・サイドバー

ヘッダーメニュー

まずはヘッダーメニューから解説いたします。

ステータス

Mouseflow ステータス:Recording

計測ができているなら、「ステータス:Recording」と表示されます。
選択すると、現在のプランであとどれぐらいレコーディングが保存できるか確認できます。

マイウェブサイトを管理

Mouseflow マイウェブサイトを管理

ウェブサイトのドメイン名を選択すると、メニューが表示されます。

その中の「マイウェブサイトを管理」を選択すれば、管理中のウェブサイト一覧が開きます。無料トライアルでは、1つのウェブサイトのみ表示されます。

Mouseflow マイウェブサイト管理画面
マイウェブサイト管理画面 計測ウェブサイトにマウスオーバーときの表示

緑色の丸()は、現在計測(レコーディング)ができていることを表しています。

マウスオーバーすると、その左隣にトラッキングコードを確認できるボタン()が表示されます。
クリックすれば下記のポップアップが開き、トラッキングコードを確認できます。

Mouseflow トラッキングコードをインストール
「トラッキングコード()」をクリックしたら表示されるポップアップ

もし、トラッキングコードがなにかの手違いで消えた、実装できてないページがあったなど、なにかあればこちらから確認しましょう。

一覧にあるウェブサイトを選択すれば、ダッシュボードの画面に戻れます。

Mouseflow サイト管理一覧からダッシュボードへ

ヘルプメニュー

Mouseflow ヘルプメニュー

「ヘルプ」を選択すると表示されるのは、すべてMouseflowの英語サイトへのリンクです。

スクリーンキャスト

Mouseflow スクリーンキャスト

「スクリーンキャスト」は、基本的な操作方法を動画で学べますが、音声は全て英語で字幕もありません。

リンク先:https://mouseflow.com/training/

ドキュメンテーション

Mouseflow Help Center

「ドキュメンテーション」は、設定や機能の説明、よくある質問などが英語で書かれています。ブラウザの翻訳機能を使えば、日本語でも読むことは可能です。

リンク先:https://help.mouseflow.com/

機能を提案する

Mouseflow Feature Requests

「機能を提案する」は、新しい機能をユーザーがリクエストしているページに繋がります。こちらも英語です。

リンク先:https://mouseflow.uservoice.com/forums/50503-mouseflow-feature-requests

サポートに問い合わせる」をクリックすると、右下にあるウィンドウが大きく開きます。

Mouseflow ヘルプウィンドウ

こちらも英語表記です。

このように、Mouseflowは元々海外のツールであるため、ヘルプはほぼ全て英語表記となっています。
英語が苦手な方や、翻訳ツールを通しても分からないことがあれば、無料トライアル開始時にご連絡いただいたMouseflowカスタマーサポートにお尋ねしましょう。

ユーザー設定

Mouseflow ユーザー設定

前回のブログ記事で言語設定を変更する際に選択した、右上にあるご自身のアカウントメニューです。

次は、この3つを詳しく解説していきます。

マイプロフィール

「マイプロフィール」をクリックすると、この画面が表示されます。

Mouseflow マイプロフィール設定画面

各項目に分けて解説していきます。

名前・ユーザーの役割・言語・タイムゾーン

Mouseflow マイプロフィール 名前・ユーザーの役割・言語・タイムゾーン

前回でもご紹介した、名前やユーザーの役割、言語、タイムゾーンを設定する項目です。

E-mail・パスワード・2段階認証

Mouseflow E-mail・パスワード変更のポップアップ

メールアドレスとパスワードが変更できます。
「変更」をクリックすると、それぞれポップアップウィンドウが表示されます。そのポップアップウィンドウのフォーム欄に従って入力したら、「保存」して完了です。

Mouseflow 2段階認証

セキュリティを強化したい方は、2段階認証が設定できます。
2段階認証を「オン」にすると、このようなポップアップ画面が表示されます。

Mouseflow 2段階認証を有効化

ポップアップウィンドウの内容に従い、スマートフォンかタブレットに認証アプリをダウンロードして、設定を行いましょう。できたら、右下にある「2段階認証を有効化」を選択します。

E-mail購読

Mouseflow マイプロフィール E-mail購読

「オン」にしておくと、毎週月曜日の21時頃に、前週の計測結果がメールで送られてきます。

Mouseflow 週刊計測結果メールレポート

デフォルトでは「オン」になっておりますので、もし不要でしたら「オフ」にしておきましょう。

API

APIキーを発行できる画面が表示されます。

Mouseflow APIキー発行
「Api Key」の「作成」をクリックすると、APIキーが生成されます。

APIキーを再発行する場合は、「Roll Key」をクリックしましょう。

Mouseflow APIキー再発行
「Roll Key」をクリックすると、注意喚起のポップアップが表示されます。そこに書かれているように、既存のキーは使えなくなります。ご注意ください。
問題なければ、「新しいAPI Keyを作成」をクリックしましょう。新しいAPIキーが発行されます。

無料トライアルの時点でも、APIキーの発行は可能です。APIキーを扱える技術をお持ちの方は、機能を試してみてはいかがでしょうか。
英語ではありますが、APIドキュメントもあるようですので、チェックしてみてください。

ログアウト

Mouseflow ログアウト

「ログアウト」を選択すると、そのままMouseflowからログアウトできます。
一瞬「ログアウト」と表示された後、「正常にサインアウトしました」と表示されます。
これで完了です。

左サイドメニューバー

Mouseflow 左サイドメニュー

続いて、左サイドメニューバーを解説していきます。

ダッシュボード

一番最初に表示される画面です。アクセス概要やデバイス、レコーディング一覧などを全て1画面で確認できます。レポートを追加したり、ダッシュボードを作成したりできます。

レコーディング

サイトに訪れたユーザーの動きを動画で確認できます。

ヒートマップ

ユーザーがページのどの部分をよく見ているか分析できます。

ファンネル

ページの遷移をフィルタリングして分析します。

フォーム

フォームのどの項目まで入力して離脱したか、入力に時間がかかった項目はどれか、送信エラーが起きたのはどれぐらいか、などが分析できます。

フィードバック

特定のページや行動を行ったユーザーに対して、メッセージやアンケートなどを表示できる機能です。

設定

計測の設定を確認できます。無料トライアルでは設定の変更はできません。

クレジットをゲット

クレジットがもらえる紹介用URLが確認できます。

今回は「設定」と「クレジットをゲット」を解説します。

他の機能に関しては、別の機会にご紹介いたします。

設定

計測に関する設定の内容を確認できます。サブドメインを追加したり、ご自分のアクセスを計測から除外したりなど、さまざまな設定ができます。
ただし、無料トライアルの時点では確認のみで、カスタムタグを除き編集はできません

無料トライアルの時点で設定を試したいときは、サポートに依頼しよう!

検証する上で、ご自身のアクセスを除外したい、その他の設定を試してみたい場合は、Mouseflowカスタマーサポートへ依頼しましょう。どのような設定を行いたいかお伝えすると、サポートが代行して対応していただけます。

どんな設定項目があるのか、上から順に解説していきましょう。

設定

ウェブサイトの情報に関する設定を行う項目です。

Webサイト名

ヘッダーメニューで現在サイトURL(ドメイン)になっているところや、「マイウェブサイトを管理」にあるサイトURL(ドメイン)の部分にあたります。

ウェブサイトのタイプ

どのような目的やジャンルのサイトか、下記から選択します。

  • ファッション・小売
  • 電気通信
  • 製薬・ヘルスケア
  • Saas
  • チャリティ / 非営利組織
  • 旅行・観光
  • 金融・保険・法務
  • ギャンブル/賭博
  • ゲーム・スポーツ
  • 公共・政府
  • エンターテイメント / メディア
  • 教育
  • 消費財
  • ブログ / 個人的なサイト
  • 製造業
  • 配送・物流
  • 自動車
  • その他
ドメイン

他のドメインとまたがって同一サイトを運用している、サブドメインがあるなどの事情があるなら、対象となる他のドメインを追加します。

計測の設定

一部だけ計測をしたいときに設定する項目です。全てのページ、訪問ユーザー全ての動きをレコーディングしたいのであれば、そのままで構いません。

計測対象

「一部のページ」を選択すると、計測するページを指定できます。
例えば、https://site.com/product/の下層ページのみ(https://site.com/product/page1/など)を計測したいのであれば、「で始まる」「/product/」と記入します。

レコーディングレート

プランの都合で、レコーディングを制限したいときに使用します。
例えば「50%」に設定すると、サイトに訪れたユーザーのうちの50%しかレコーディングされなくなります。

カスタムタグ

Mouseflow カスタムタグ

特定のボタンや画像などをクリックしたり、マウスオーバーしたときの動きをフィルタリング、記録したいときに便利な機能です。これは無料トライアルでも使えます。

使い方は次の機会にご紹介します。

プライバシーの設定

プライバシーのため、計測対象から除外する重要な設定です。
できれば、「EUのトラフィックをブロック」「DO-NOT-TRACKを優先」も「はい」にしておくと良いでしょう。
「IPアドレスの除外」で、IPアドレスごと計測から除外できます。
ただし、無料トライアルでは変更できません

無料トライアルの時点で設定を試したいときは、サポートに依頼しよう!

検証する上で、ご自身のアクセスを除外したい、その他の設定を試してみたい場合は、Mouseflowカスタマーサポートへ依頼しましょう。どのような設定を行いたいかお伝えすると、サポートが代行して対応していただけます。

除外&ホワイトリスト

Mouseflow 除外&ホワイトリスト

プライバシーなどの関係で、計測しないエリアを選択できます。例えばボタンや入力エリアなど、ページ内の一部を計測から除外します。
「Visual Privacy Toolを開く」をクリックすると、計測サイトのURLが表示されます。
「ページを開く」をクリックすると、新規タブで入力したURLが開き、専用ツールが表示されます。

無料トライアルではページ自体が開きませんのでご注意ください。

詳しい設定方法は次の機会にご紹介します。

詳細設定

その他の詳しい設定が行なえます。

URLを統一

複数ページのURLを一つに統合して計測したいときに使います。
例えば、https://site.com/product/page-1https://site.com/product/page-a123があるなら、これらのヒートマップを「Product Page」に結合する、といった設定ができます。

ページの識別

URLのパラメータ(https://site.com/page?id=a123 なら ?id=a123)で別々のページとしてヒートマップを作成します。
例えば、https://site.com/page?id=a123https://site.com/page?id=b456が別々のページコンテンツだとしても、ヒートマップではこの2つとも/page」として一括りに計測してしまいます。
?の後のidをクエリ変数とすることで、/page?id=a123/page?id=b456を個別のヒートマップとして計測できます。

レコーディングの上限

クレジットの関係で、毎月のレコーディング上限を決めたいときに設定します。
こちらの機能は、通常では利用できません。

  • グロースプラン以上をご使用中
  • サイトごとのレコーディング上限の割り振りを変更したいとき

これらの場合に、Mouseflowサポートへご連絡いただければご利用できます。

インストールの流れ

Mouseflow 設定 インストールの流れ

設定画面の一番下(詳細設定の下)には「 インストールの流れ」というボタンがあります。
インストールの流れ」をクリックすると、マイウェブサイト管理画面の「トラッキングコード()」をクリックしたときと同じポップアップウィンドウが表示されます。

Mouseflow トラッキングコードをインストール
インストールの流れ」をクリックしたら表示されるポップアップ

サイトに合わせた計測設定を行おう!

以上、Mouseflow(マウスフロー)は、このように運営しているサイトのシステムや構造に合わせた計測設定が行えます。
残念ながら、無料トライアルでは設定項目の確認しかできません。もし無料トライアルでも行いたい設定がある場合、Mouseflowカスタマーサポートへ依頼すれば、代行していただけます。
その他に「このサイトはこのような仕様でここを計測したい」「ここは諸事情で計測できないが、このボタンのクリック計測は行いたい」など細かいご希望があれば、Mouseflowカスタマーサポートにご相談してみましょう。

受付時間 平日10:00~17:00(土日祝除く)

東京オフィス
香川オフィス
関連の事業・サービスの詳細はこちら!
動画を活用した完全成果報酬型のコンサルティング