ドローン撮影中にリモコン モニタ役のiPhoneが残量50%でいきなり切れた話

つい先日、ドローン撮影の依頼があったので、某場所から空撮を行いました。
もちろん、火燵では国土交通省の申請をしております。

申請している作業を、規定通りスタッフと2人で撮影を行いました。
とてもいい天気で快晴。山頂からの撮影なので見晴らしも良く「事故なんて絶対に起きないねー」と思っていたところ、リモコンに取り付けたiPhone様がバッテリー残量50%の状態で急に電源が切れてしまいました。

人アイコン
K

iPhoneの電源が切れました。

人アイコン

え?本当?

人アイコン
K

本当です。

二人でドローンがお亡くなりになった、と呆然としていました…

しばらくの間、私は考えました。
いえ、考えたと言うかむしろ、心が無になりました。

きれいな青空

そして空を見上げると……

「なんて、天気がいいんだ!…」

どうしようもなく、次の手を考えていたら、ドローンのプロペラ音が強く聞こえました。

「え?」

どうも、良く見てみるとドローンはまだホバリング中。
そして、スタッフが操作してみると!

動く…
まだ動くじゃありませんか!!

ドローン撮影中の様子
人アイコン
K

どうやら、操作ができるみたいです!

人アイコン

よっしゃ!高度を下げるよりもまずは距離を近づけよう!(涙目)

急いでドローンに帰還してもらい、無事にデータもドローンも回収完了。
お仕事も、無事に終了しました。

なぜiPhoneが50%の電池残量で、充電が切れたのか分かりませんが、皆さんもお気をつけください。
油断禁物です。

関連の事業・サービスの詳細はこちら!
Webサイト分析を元に成果の出る動画を制作

ただいま、多くのお問い合わせをいただいております。電話対応スタッフが不在の時は、折り返します。

受付時間 平日10:00~17:00(土日祝除く)

東京オフィス
香川オフィス