コミュニケーションを行うことができるクラウドストレージ、JECTORを使ってみた。 | 株式会社火燵(こたつ)

業務用機材

コミュニケーションを行うことができるクラウドストレージ、JECTORを使ってみた。

みなさん、こんにちは。
突然ですが今回は動画そのものではなく、動画をお客様とやり取りする時の連絡手段クラウドストレージやオンラインチェックについて考えて見ます。

実は株式会社火燵では2017年の後半までギガファイル便でファイルのやりとりを行い、YouTubeでお客様チェックを行なっていました。

経費が発生しないということで、社内でも長らく放置されていた作業でしたが昨年のInterBEEを見学した時に「株式会社ねこじゃらし」というクラウドストレージの会社に立ち寄り色々と話を聞き、JECTORというクラウドストレージの導入を決めました。このJECTORというサービスはオンラインでお客様チェックまで出来てしまうツールです。(お客様とのチェックのやり取りは出来ますが、一応お客様にはJECTORの説明とはか必要だと思いますので悪しからず。あと社名に凄く共感が持てました…。)

JECTORのメインとなる画面。会社名やプロジェクト名でフォルダを作り管理するのが使用方法としては一般的のようだ
JECTORのメインとなる画面。会社名やプロジェクト名でフォルダを作り管理するのが使用方法としては一般的のようだ

 

「今まで無料で行っていた作業になぜ経費をかけなくてはいけないのか?」

これは弊社が単純に説明を聞いた感想です。おそらく映像制作会社の皆さんなら誰でも思うことだと思います。サービスの説明をされてそんな事を思っていながら費用対効果的な話を聞きたいなと、更に聞いてみると、動画をアップしてプレビューをブラウザ上で行える。そのまま、ブラウザで再生される映像の上から丸やラインを引いてコメントを直接書き込むことができる。など映像制作の現場のことを考えて作られたプロダクトだと思いました。制作サイドより、ややお客様目線で作られている印象です。展示会には似たようなサービスを提供している会社は他にもあったので後日、改めて担当者に話を聞いてみました。クラウドストレージ機能のみであれば、導入など一切考えてなかったのですが、自問自答した結果

「そういえば今年で創業10年だけど、動画をお客様にチェック出しした後の満足度や使い勝手を真剣に考えたことがほとんどないな。」

そう思い、JECTORを試験的に使ってみてダメならやめようと思い導入を決めました。使用して3ヶ月ほど経ちましたので、それぞれ便利な点、不便な点を理解できたので書き記そうと思います。

単純な感想としては、まずJECTORは全体的に「ギガファイルと+YouTube」の良いところを全てフォローしており、現場の声を集約して独自の機能が洗練されている印象です。

次にギガファイル便とYouTubeのそれぞれについて弊社が感じていた課題を書き出して見たいと思います。

ギガファイル便の画面の一部、アップロード可能ファイルの大容量化やダウンロード期限の延長などハード的な投資が目立つ
ギガファイル便の画面の一部、アップロード可能ファイルの大容量化やダウンロード期限の延長などハード的な投資が目立つ

ギガファイル便(ファイル共有)
(1)セキュリティ・管理面
そもそもアップしたデータが正常に消されているか疑問、どこの会社で社長が誰なのかも知らない。WEBサイト上に会社概要や責任者の記載なし。大きな企業さんや自治体でのやり取りではNGなケースが多いです。たまに依頼のある国の機関はNGでした。
(2)リンクからダウンロードを忘れたお客様から「期限切れたからもう一回アップしてよ。」と言われる。
まずダウンロードのみ先にお願いします。って言いたいのですが、言えないのです。言いづらいのです…。
(3)ダウンロード、アップロード共に失敗が多い。
これは大きなファイルを扱う時によくあるのですが、何が悪いのか、検証しても分かりませんでした。ネット環境の問題もあるとは思います。

続いてYouTubeですがプレビュー機能はYouTubeで代替えしている人が多いのではないでしょうか。

真ん中の「限定公開」となっているところを公開のままにしてしまうと、まだ公開してはいけない動画を公開してしまう可能性があります。
真ん中の「限定公開」となっているところを公開のままにしてしまうと、まだ公開してはいけない動画を公開してしまう可能性があります。

YouTube(プレビュー)
(1)YouTubeだとアップロード時の設定を間違って一般公開してしまう可能性がある。
極秘案件の場合は一生分の契約が飛びます。また、よくあるパターンだと思われます。泣
(2)15分以上の長尺動画だとアカウントの認証が必要。
制作者は認証済みアカウントを運用されている場合がほとんどでしょうけれどお客様のアカウントを管理している場合、このケースがネックになります。
(3)著作権違反の可能性のある楽曲が入っている場合は、警告が来て無音になってしまう。
たまたま動画の背景に流れている場合もアウトです。著作者から依頼を受けている場合、申請を行っている場合でも使えないのがネックです。(YouTubeへ権利者から許可を得ている旨の申請が凄く面倒)
(4)プレビューのみでダウンロードができない。
これは当たり前ですが、できれば同じツールで共有とプレビューを行いたいです。YouTubeの場合、同じアカウント内であればダウンロードOKですが、形式や解像度が限定されるので納品解像度の指定がある場合はダウンロード機能はあっても使えません。(MP4に限定されます。FullHDからでも画質落ちます。)
(5)お客様を混乱させてしまう。
ITが苦手なお客様、YouTubeをあまり活用されていないお客様の場合「え?もう公開してしまっているんですか?」など「限定公開」という公開設定にしている説明をしても理解いただくのに時間がかかることもある。

以上、弊社独自の感想ではありますが、制作会社側とお客様先での不便な点を並べて見ました。他にも現場ごとに考えてみると無料だけど手間がかかる不便な点が多いのではないでしょうか?

そして、一方のJECTORですが、まず上記を全てクリアしています。

更に細かいメリットをまとめると

JECTORのメリット
(1)ダウンロードなしでプレビュー可能、お客様OKが出たら即ダウンロード可能
JECTORは何が便利かって言いますとお客様が動画をダウンロードせずにチェックできる点が非常に便利かと思います。これ制作会社は一切に手間にならないんですが、お客様先の環境に配慮するって意味合いで非常に重要だと思うんですね。例えば、まずダウンロードの手間がゼロになります。次にお客様のPCは映像編集用のパソコンではないので大きな解像度の動画の再生する場合、スペックが足らずにもたつき(カクカク感)が発生して正常にプレビューできない場合があるんです。そんな場合、大抵弊社に電話がかかります。当たり前ですが、納品直前は緊急性が高いので慌てて担当者さんから連絡をいただくケースになります。そうなるとお互いの手間が取られてしまいます。できれば、こんなケースは回避したいです。またダウンロードしてお客様にチェックいただく場合、Windowsの一部の環境ではハイビジョンの動画が再生できないので(真っ暗になって音声だけ流れる)そういう場合も弊社に連絡があります。私たちがお客様のチェックのしやすさに配慮すればお問い合わせが減るような案件は現場では結構あって、きちんと対処すれば時間のロスがなくなってお互いが生産性が向上すると思います。

(2)比較再生機能もあり、直接動画に修正点を書き込み可能。

動画のチェックもクラウド上で行える
アップした動画はお客様チェックをクラウド上で行えます。お客様はダウンロードの手間がかかりません。またPCで見れないといったケースも心配ありません。

ほとんどの場合、お客様から帰ってくる内容は活字のみが多いです。
01:10 テキストを「〇〇」に差し替え
02:20 女性が出ているシーンを他の男性に差し替える
こんな感じの書き方が非常に多いです。修正は意図が編集者に正しく伝われば良いのですが分かりやすさという点では直接書き込んが方が良いと思います。また比較再生は非常に便利な機能です。音声の同時再生はできませんし、動画の個別再生もできませんが、2つの動画を2つ同時に再生したい場合、停止したい場合にはオススメの機能です。

(3)お客様の行動が丸分かり?メールで届く通知機能
ダウンロード時に、そしてチェック時に担当者がチェックしているか、していないかが分かります。この機能は他のファイル共有サービスにもありますが個人的にはとても大事だと思います。何故なら、この機能のおかげでチェックが返ってくる時間やタイミングが予測できるからなのです。またお客様の行動パターンも予測ができるのでビジネスを円滑に進めることが可能です。仮に通知がない場合は、忘れてられてる可能性もあるので「その後、いかがでしょうかー?」と連絡する目安にもなります。全ての通知は「ログ」として後で見返すことも可能です。

(4)導入後、上場企業からの問い合わせに対して高いセキュリティ感を出すことができた。
これは弊社でたまたま起こった出来事ですが、ある上場企業から動画制作内製化支援の相談がありました。資料やサンプルが欲しいとの事だったので、JECTORを使ってファイルの共有を行いました。その後、打ち合わせでセキュリティの話になりファイル共有について弊社へ質問がありJECTORの事について聞かれました。その後、受注に至ったのちに「ギガファイル便などであれば社内で使えなかったため、イメージが悪くなることにつながった可能性はあった」と言われました。ツール一つで評価が変わるとは考えづらいですが、映像業界でも大きいカメラの方が素人は喜ぶ的な話は確かにあると思いますし、なるほどなと思いました。

以上、かなりJECTOR推しのブログになっていますが
本当にオススメのツールです。同業の方で導入を検討されている方は個別に相談にのりますので是非、ご連絡をください。

「業務用機材」の関連記事


新着記事

『これからは自社で動画を作っちゃう?』動画の内製化で揃えた方が良い機材と予算感について

動画マーケティング

皆さん、こんにちは。 今回は企業が動画を内製化したい時に揃えたい機材と予算感について説明します。最……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。