初めての動画制作。動画制作用PCはどういう物を購入すればいいの? | 株式会社火燵(こたつ)

動画マーケティング

初めての動画制作。動画制作用PCはどういう物を購入すればいいの?

みなさん、こんにちわ。
ビールの飲み過ぎで、お腹周りが気になる株式会社火燵の社長です。

今回は、私がPCに詳しい前提でよく聞かれる質問。
初めての動画制作。動画制作用PCはどういう物を購入すればいいの?
についてお答えしましょう。

まず初めに私のPCの知識はと言いますと自分で各パーツを購入して自作PCを自力で作成できる程度です。動画制作歴は13年ほどです。PCの詳細な知識はパソコン屋さんやサポートサービスの方が豊富だと思います。自作できる人で動画制作のプロの考えだと思っていただければと思います。

ちなみに私は9年前の動画制作の仕事を始める時に40万円ほどの予算でパーツを購入して自作PCに挑戦しました。当時、同じ予算でメーカー製のPCがほとんどなくBTOでも同じ予算のものと比べると性能が格段に良かったからです。仕事量が増え社員を雇用してPCの台数が4台くらいまでは何とか自作しましたが多忙になったのをきっかけにMacBookProに切り替えました。iPhone人気に火がついたタイミングでもあったのでちょうど良いなと思いました。

それなりにWindowsとMac製品を使っての感想ですが、やはり現場の様々なシーンで一長一短があります。ですので確実にコレ!というのはありませんが用途が限定されればされるほどオススメもできるといった感じです。そのあたりを踏まえてのブログです。

ポイント1 WindowsかMacはどっちが便利?
この質問に関してはパソコン自体の性能ではないので、適切な回答を伝えることができません。
適切な回答をするには、いつも逆に質問をします。
「スマホは何をお使いですか?」となります。
PC歴や知識も結構関係がありますがAndroidであればWindowsを、iPhoneであればMacをお勧めしています。スマホで撮った動画をPCに読み込むことは、私たちが過ごす長いビジネス時間の中においては今後、頻繁にあると思います。それを考えるとスマホとPCの相性や親和性は結構重要だと思います。最近は有線で何かを接続することは少なくなりましたが、それでもMacとAndroidスマホ、WindowsとiPhone、双方の接続は有線接続が一般的で様々なシーンで制約が多く、すごく面倒です。MacとAndroidの場合、MacからAndroidに動画を転送する時にAndroidの機種が古いと接続できない場合が結構あります。経験や知識が豊富であれば、どんな組み合わせでもOKだと思いますが、動画制作が初めてに近い方は迷わずにiPhoneならmac、AndroidならWindowsをオススメします。

ポイント2 動画制作にはどんなPCが良いのか(Windows)
これに関しては尺度が結構あるので、様々な答え方ができますが指標の一つに値段があると思います。私がいつも相談してくる人に言ってるのは「300,000円以上の「動画制作モデルPC」を買えば、まず問題ないです。」と言っています。最近の300,000円以上のPCであれば4Kでもサクサクと動くでしょう。

さらに細かく説明するなら購入先は以下の2つに分けることができるでしょう。
・大手メーカー(NEC、富士通、東芝など)
サポートが手厚く、様々なソフトウェアがインストールされているので、BTOショップと比べると値段がはります。動画制作をしたい方にはオススメしません。

・BTOショップ(パソコン工房、ドスパラ、マウスコンピュータ、FRONTIERなど)

BTOとは、「Build To Order」の略で、受注生産の仕組みを意味します。 従来の完成品パソコンに比べて、自由度が高く、お客さまのご要望に応じて、メモリ・ハードディスクなどの容量を大きくしたりできるのが魅力です。<パソコン工房から引用>

BTOショップで購入する場合は、ほとんどのショップで「クリエイターPC」というカテゴリを用意してくれています。その中でAdobe製品向け、CG制作向け(2DCGと3DCG向けでは性能がかなり違ってきます。)、4Kビデオ編集向け、VR・8K動画向けなど、どう言った制作意図向けかを選択することが可能です。お客様のところへ訪問した際にクリエイティブ職の方がいる職場はBTOショップの段ボールを見ることが多いですね。参考にすれば良いと思います。

ふだん使いのソフトがiMovieやWindowsムービーメーカーの場合で4Kなどほとんど触らない場合はBTOの動画向けの物で20万円以内のものを推奨します。Adobe製品やFinal Cut、エディウスなどで4K編集もそこそこ行う場合は20万円〜30万円くらいの物。今後の動画作成業務が長く、VRやCG制作にも興味がある場合は30万円以上のPCを購入することをオススメします。

ポイント3 動画制作にはどんなPCが良いのか(Mac)
Macの場合は、iMovieが非常に便利ですね。iMovieで動画編集をする場合でもMacBookAirは避けましょう。少しだけ動画編集をMacBookAirでやってみたことがありますが、非常に重い印象です。ストレスを感じてしまうかもしれないので、少なくともMacBookかMacBookProをオススメします。ただ、MacBookを買う予算があればMacBookProを買いましょう。MacBookProであればAdobe製品や他の業務用動画編集アプリもサクサク動くので良いでしょう。予算的には17万円以上のものが欲しいです。VRや4K、8Kに挑戦したい方、3Dも含めてCGバリバリを目指す方はMacProでしょうね。

以上、私の10年余りの経験を元にお話ししました。最近は動画活用はポピュラーですから昔みたいに安いものは直ぐに壊れるといった事はありませんし、高い買い物をして直ぐに壊れたというのも聞きません。ただ、昔はエンコード中にマザーボードが焼けた!なんてのは結構聞きました。最近のマシンはよっぽどの事をしなければ、壊れないと思います。このブログ以外にも有効な情報を発信しているサイトはあると思いますので、比較しながら買い物を楽しんでください。

このブログの内容について質問があれば、是非お声がけください。
皆様の動画制作ライフが良いものであることを祈っています。

「動画マーケティング」の関連記事


新着記事

『これからは自社で動画を作っちゃう?』動画の内製化で揃えた方が良い機材と予算感について

動画マーケティング

皆さん、こんにちは。 今回は企業が動画を内製化したい時に揃えたい機材と予算感について説明します。最……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。