初めての動画制作!パソコンのオススメは?何を購入すればいい?

みなさん、こんにちわ。
ビールの飲み過ぎで、お腹周りが気になる株式会社火燵の社長です。

今回は、私がPCに詳しい前提でよく聞かれる質問。
初めての動画制作。動画制作用PCはどういう物を購入すればいいの?についてお答えしましょう。

私のパソコン知識について

まず私のPCの知識は、自分で各パーツを購入してPCを作成できる程度です。動画制作歴は13年ほどです。詳細な知識は、パソコン屋さんやサポートサービスの方が豊富でしょう。自作できる人で、動画制作のプロの考えとして読んでいただければ幸いです。

ちなみに私は9年前、動画制作の仕事を始める時に40万円ほどの予算でパーツを購入して、自作PCに挑戦しました。当時、同じ予算でメーカー製のPCがほとんどなく、BTO(受注生産)でも同じ予算のものと比べると、性能が格段に良かったからです。

仕事量が増え社員を雇用して、PCの台数が4台くらいまでは何とか自作しました。ですが、多忙になったのをきっかけに、MacBookProに切り替えました。iPhone人気に火がついたタイミングでもあったので、ちょうど良かったです。

それなりにWindowsとMac製品を使っての感想ですが、やはり現場の様々なシーンで一長一短があります。確実にコレ!というのはありませんが、用途が限定されればされるほどオススメもできる、といった感じです。そのあたりを踏まえてのブログです。

WindowsとMacはどっちが便利?

この質問に関しては、パソコン自体の性能ではないため、適切な回答を伝えることができません。
適切な回答をするには、いつも逆に質問をします。

「スマホは何をお使いですか?」

使用者のPC歴や知識も関係ありますが、AndroidであればWindowsを、iPhoneであればMacをお勧めしています。スマホで撮った動画をPCに読み込むことは、今後頻繁にあるでしょう。それを考えると、スマホとPCの相性や親和性は、結構重要だと思います。

最近は、有線で何かを接続することは少なくなりました。それでもMacとAndroidスマホ、WindowsとiPhone双方の接続は有線が一般的で、様々なシーンで制約が多く、すごく面倒です。

MacからAndroidに動画を転送する場合、Androidの機種が古いと接続できないことが結構あります。経験や知識が豊富であれば、どんな組み合わせでもOKでしょう。ただし動画制作が初めての方は、iPhoneならmac、AndroidならWindowsをオススメします。

動画制作にはどんなPCが良いのか

Windowsの場合

これに関しては尺度が結構あり、様々な答え方ができますが、指標の一つに値段があるでしょう。私はいつも「300,000円以上の動画制作モデルPCを買えば、まず問題ないです」と言っています。最近の300,000円以上のPCであれば、4Kでもサクサクと動くでしょう。

さらに細かく説明するなら、購入先は以下の2つに分けられます。

  • 大手メーカー(NEC、富士通、東芝など)
    サポートが手厚く、様々なソフトウェアがインストールされています。BTOショップと比べると、値段がはります。動画制作をしたい方にはオススメしません。
  • BTOショップ(パソコン工房、ドスパラ、マウスコンピュータ、FRONTIERなど)

BTOとは、「Build To Order」の略で、受注生産の仕組みを意味します。 従来の完成品パソコンに比べて、自由度が高く、お客さまのご要望に応じて、メモリ・ハードディスクなどの容量を大きくしたりできるのが魅力です。

BTOパソコンとは?リーズナブルでおすすめのBTO | パソコン工房【公式通販】
https://www.pc-koubou.jp/bto.php

BTOショップで購入する場合は、ほとんどのショップで「クリエイターPC」というカテゴリを用意してくれています。その中で、どういった制作意図向けか選択できます。

  • Adobe製品向け
  • CG制作向け(2DCGと3DCG向けでは性能がかなり違ってきます)
  • 4Kビデオ編集向け
  • VR・8K動画向け など

クリエイティブ職の方がいる職場は、BTOショップの段ボールを見ることが多いですね。参考にすればいいでしょう。

普段使いのソフトがiMovieやWindowsムービーメーカーで、4Kなどほとんど触らないなら、BTOの動画向けの20万円以内のものを推奨します。
Adobe製品やFinal Cut、エディウスなどを使い、4K編集もそこそこ行う場合は、20万円〜30万円くらい
今後の動画作成業務が長く、VRやCG制作にも興味がある場合は、30万円以上のPCを購入することをオススメします。

Macの場合

Macなら、iMovieが非常に便利ですね。
iMovieで動画編集をする場合でも、MacBookAirは避けましょう。少しだけ動画編集をMacBookAirでやったことがありますが、非常に重い印象です。ストレスを感じるかもしれません。少なくともMacBookかMacBookProをオススメします。

ただ、MacBookを買う予算があれば、MacBookProを買いましょう。MacBookProであれば、Adobe製品や他の業務用動画編集アプリもサクサク動くので良いでしょう。予算的には17万円以上のものが欲しいです。VRや4K、8Kに挑戦したい方、3Dも含めてCGバリバリを目指す方は、MacProでしょうね。

最後に

以上、私の10年余りの経験を元にお話ししました。最近、動画活用はポピュラーですから、昔みたいに安いものは直ぐに壊れることはありませんし、高い買い物をして直ぐに壊れたというのも聞きません。
昔はエンコード中にマザーボードが焼けた!なんてのは結構聞きました。最近のマシンは、よっぽどの事をしなければ壊れないでしょう。

このブログ以外にも、有効な情報を発信しているサイトはあります。比較しながら買い物を楽しんでください。

このブログの内容について質問があれば、是非お声がけください。
皆様の動画制作ライフが良いものであることを祈っています。

火燵のYouTubeチャンネルアート
火燵 YouTubeチャンネル
動画で情報を発信する企業・個人を応援するチャンネルです。
登録すると、YouTube運営に関するあらゆる相談を無料でお答えします。
関連の事業・サービスの詳細はこちら!
Webサイト分析を元に成果の出る動画を制作
スマートフォンにマイクとスタンド、証明を設置
動画内製にオススメな機材紹介 シリーズ
動画を内製する際に便利な機材を紹介しています。

ただいま、多くのお問い合わせをいただいております。電話対応スタッフが不在の時は、折り返します。

受付時間 平日10:00~17:00(土日祝除く)

東京オフィス
香川オフィス