株式会社火燵(こたつ)は、成果や売上にこだわる方のための動画マーケティング会社です。動画コンサルティング・動画制作・WEBマーケティング・動画制作内製化支援ならお任せください。

スマホでインタビュー動画、コスパ最強のピンマイク

動画内製化

皆さんこんにちは、株式会社火燵です。 
今回はスマホでインタビュー動画、コスパ最強のピンマイクのご紹介ということでお伝えしていきます。

実は前回もスマホでインタビュー動画をワイヤレスマイク使って撮影してみようという動画をアップしてますが、その動画で紹介したワイヤマイクの音質がイマイチなんですね。「音質は気にしないよ。撮れればいい」って方にはアリかもしれませんが、それでもノイズが大きいので、かなり使いづらいワイヤレスマイクかもしれません。

Amazonで売っている安いピンマイクが意外と使える。

そこで今回はこの有線ピンマイクを使っていきます。

今回使用するピンマイク

上記はAmazonで売っているものです。
収録日時点でiPhone専用(lighteningジャック)だと約2,500円です。Android、PC用のもの(3.5mmのピンジャック)だと約1,400円です。価格はかなりリーズナブルです。収録した時点から、数百円単位で値段が変わることもあるようです。類似商品の値段に連動しているのかもしれませんね。

こちらのピンマイクを使うことにより、前回のワイヤレスマイクの動画よりも良い品質で音声収録が可能ですので、試していきたいと思います。

スマホのみの撮影よりも、ピンマイクをつけたほうが断然聞こえやすくなる。

iPhoneでインタビュー動画を撮影する場合は本体の背面、レンズの真横にあるマイクにて音声を収録することになります。Androidの場合も、基本的には本体下部か、同じような位置にあることが多いです。

iPhoneのマイクの位置

スマホのみでインタビュー動画を撮影する場合は、距離感にもよりますが「意識して大きい声で喋ってもらう」など気をつけないと声が聞こえづらく、上手く撮影できないことが多々あると思います。

そんな時は、今回ご紹介する有線マイクを試してみてください。スマホに挿すだけで、自動的にピンマイクから収録するように切り替わってくれます。段取りとしては、基本的に有線ピンマイクを挿して標準のカメラアプリを起動するだけです。

収録時は、口に近い位置にマイクを装着することを意識する。

iPhoneでピンマイクを使った撮影の音声収録方法

スマホ純正のマイクと違い、ピンマイクを使った時点で口から至近距離で収録しますから、大きくはっきりとした音声を収録できます。

上記のサンプル動画を聴き比べてみれば、両者の違いがはっきり分かると思います。鮮明に声を録ることができます。

最後に

値段も2,000円前後ですので、最悪、ワイヤーが切れたり紛失したりしても立ち直れるギリギリのラインの価格帯だと思います。(ただし、立ち直れるかどうかは個人差があります。)
かなり安い金額で音声をしっかり収録することが可能です。是非こういうものを活用し、スマホでインタビュー動画を撮影してみてください。

ご不明点があればお問い合わせください。
チャンネル登録よろしくお願いします。

「動画内製化」の関連記事


新着記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA