株式会社火燵(こたつ)は、成果や売上にこだわる方のための動画マーケティング会社です。動画コンサルティング・動画制作・WEBマーケティング・動画制作内製化支援ならお任せください。

夜間の動画撮影最強!?GoPro8+メディアモジュラー+LUME CUBE 2.0がスゴかった!

動画内製化

みなさん、こんにちは。
最近、ようやく自分が出演する動画を観るのに慣れてきた火燵の代表です。
GoPro8がもう便利すぎてヤバいです。夜間ロケもGoProで良いじゃないか説に到達しました。動画をご覧ください。

GoPro8+メディアモジュラー+LUME CUBE 2 0 夜間撮影最強説

今回は最近弊社で使い倒しているGoPro HERO8 Black(以下GoPro8)の夜間撮影についてお話ししようと思います。

GoPro HERO8 Blackの使い心地と課題

GoPro8、超便利です。基本的に何でもできるカメラに進化していますね。
火燵でも、2月から現場で活躍しております。自治体さん主催の記録動画を、2日間GoProのみで撮影しました。
やはり手軽ですね。手振れ補正が凄いので、動きのある動画も直感的に撮影できます。

GoPro HERO8 Blackを導入した経緯などはこちら

ブレの抑制については前評判通りです。しかし、GoProを使い倒す上で長年の課題であった「音声と暗所が苦手な点」については、現場での運用でも課題として感じることになりました。
やはりGoPro8だけで何でも撮影する!ってのは無理なのかと。

しかし、そんな矢先にメディアモジュラーなるものがあることを発見しました。(筆者が発見した時は売り切れでした。)
ひょっとしたら、このモジュラーを組み合わせれば音声と暗所撮影課題が解決できるのではないかと思い、いろいろと検証してみました。

結論から言うと

GoPro8 + メディアモジュラー + LUME CUBE 2.0 の組み合わせが夜間撮影は最強なのではないかと思いました。

Gopro8夜間撮影のオススメ設定
合わせてGopro8の夜間撮影のオススメ設定はこちら。

GoProからも、モジュラーとしてLEDが発売されています。ですが、仕様を見ると少し物足りない印象でした。

ライトモジュラーとLUME CUBE 2.0の違い
数字が大きいほうが明るく、演色性の高い方が自然で美しい色になる。

そのため、明るさと演色性を重視してLUME CUBE 2.0という選択にしました。

実際に撮影してみて

撮影動画はこちら。

LUME CUBE 2.0のポイント

  • 明るさは10段階調節可能。
    30%でも結構眩しい。
    10%で1m、30%で3m、100%で10%くらいまでなんとか光が届く。
  • 連続で約90分使用可能。
実際に計測してみた。

良い点

  • コメントを拾える距離では、しっかり明るく撮影可能。
  • 5mくらいまでは照明の光を拾えるため、野外夜間撮影も可能
  • メディアモジュラーで、前側も後ろ側も声をクリアに収録できる。
LUME CUBE 2.0:光量100%+GoPro8+メディアモジュラーで撮影した様子

悪い点

  • 遠くまでは照明の光が届かず、反射光もカメラに入らない。
  • 遠景、景色は撮影不可。
    ISOを上げれば、遠景が映る代わりにノイズが載る(動画ではISO1600設定)
遠景が撮影できず、遠くの山が映らない。

夜間撮影のポイント

  • 演者から3m前後の場合、光量MAXは眩しい。
    至近距離は光量30%がオススメ。
  • 夜間撮影で全体的に明るく撮影したい場合は、GoProは選択しない。
    レンズの大きな明るいカメラ(業務用)で撮影する。
  • 遠くを撮るときは別カメラ。
    至近距離でアクション性優位のカメラで撮影するときは、今回のようなGoPro8+照明の選択肢もあり。

夜間のロケでもGoPro8+モジュラーで何とかなりそうな感じがします。夜間に動画撮影をする際の参考にしてみてください。
動画内製化を検討中の方はご質問があれば連絡ください。

株式会社火燵のおすすめ

※リンクから購入で使い方サポートあり
※すべてAmazonの購入ページに移動します。

その他のGoProの記事もぜひご覧ください。

「動画内製化」の関連記事


新着記事