株式会社火燵(こたつ)は、成果や売上にこだわる方のための動画マーケティング会社です。動画コンサルティング・動画制作・WEBマーケティング・動画制作内製化支援ならお任せください。

TubeBuddy(チューブバディ)のKeyword Explorer(キーワードエクスプローラー)の使い方

YouTube活用

みなさん、こんにちは。
今日は動画マーケティング、動画SEOの最強ツールであるTubeBuddy(チューブバディ)Keyword Explorery(キーワードエクスプローラー)の使い方をご紹介します。

株式会社火燵ではTubeBuddyの無償サポートを行なっています。

無償サポートの対象となる条件は3つです。

  1. 火燵のYouTubeチャンネルへの登録
  2. 課金ユーザである事
  3. 下記の紹介URLから登録している事
    https://www.tubebuddy.com/tkcsystem

お気軽にご相談ください。)

Keyword Explorery(キーワードエクスプローラー)の役割はチャンネル全体の方向性とYouTubeに競合の強さや量を検討すること

Keyword Explorery(キーワードエクスプローラー)はユーザが知りたい特定のキーワードに対して、自分のYouTubeチャンネルがどのくらい最適化されているか?
またYouTube全体を通して、自分の興味のあるジャンル(例えばこれから、こんなシリーズの動画を作って行きたい)などについて最適化の難易度や競合が多いか、検索ボリュームが多いか、などを調べる事ができる機能になっています。

「動画内製化」のキーワードで検証したみた

上記の動画では弊社がマーケティングを手掛けている「動画内製化」のキーワードでKeyword Explorery(キーワードエクスプローラー)の表示結果を説明しています。

「動画内製化」キーワードで火燵のYouTubeチャンネルを評価すると総合スコアが67点のようです。この結果はまずまずです。

さらに詳細を見てみると競合は多いが、検索ボリュームは大きいのでマーケティングかけるには充分だと判断できます。しかし、競合は既に多いようなので、後発で新しく市場に入るのは厳しいのではないでしょうか。

検索結果タブでは、実際に「動画内製化」で検索した結果をみることができます。自社動画の検索結果や競合チャンネルが動画のサムネイルをどのようにデザインしているか参考にしましょう。

「Premiere Pro tutorial」のキーワードでも検証してみた

「Premiere Pro tutorial」で検索してみると「動画内製化」よりも検索ボリュームが多く競合が多いのがわかります。そして、最適化できる可能性についても低く見積もられています。

「Premiere Pro tutorial」については後発で動画の再生回数を増やすのはかなり難しそうであることが分かります。

火燵の提唱は「1キーワード、1動画」

火燵では、動画コンテンツマーケティングを行うなら「1キーワード、1動画」を提唱しています。その方がロングテール戦略や動画SEOの対策を1つの動画で行えるからコンテンツの更新性が高くなるからです。

これは火燵がお客様の動画SEOを検証している時に特定の動画が複数のキーワードで1位を取ることが極めて稀だからです。
また、動画は多いほうが関連動画の力を借りて再生数が伸びると思うからです。

以上、自分のチャンネルの方向性、今まで作った動画の最検証作業、試してみてください。

「YouTube活用」の関連記事


新着記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA