株式会社火燵(こたつ)は、成果や売上にこだわる方のための動画マーケティング会社です。動画コンサルティング・動画制作・WEBマーケティング・動画制作内製化支援ならお任せください。

YouTubeで視聴回数をスタートダッシュで増やす方法

YouTube活用

みなさんこんにちは、株式会社火燵です。
今日はYouTubeで視聴回数をスタートダッシュで増やす方法についてお話します。

初心者向けの動画になります。これを見て動画アップロード時の基本情報を設定していただければと思います。

動画の視聴回数を稼ぐにはYouTube検索と関連動画が強い

そもそも、動画の視聴回数を稼ぐにはYouTube検索の上位に表示されるか、関連動画に多く表示される必要があります。

関連動画での表示は個人でコントロールすることが難しいですが、YouTubeの検索結果の表示はある程度、努力や工夫をすれば上位表示が狙えます。

このようにYouTubeの検索結果に動画が上位表示されるように最適化することを「動画SEO」と言います。

YouTube検索の仕組みはどうやって決まるのか?

実はYouTubeは、アップロード動画の基本情報をしっかり入力すれば検索結果上位に表示される可能性はあると言えます。もちろん、ジャンル的には難しいものもありますが、狙う価値はあります。基本情報のどこを設定するかというと以下になります。

  • タイトル
  • 説明文(説明文には、ハッシュタグが使用可能)
  • タグ
  • サムネイル(サムネイル作り方は下記動画参照)
サムネイルの作り方

基本情報の上記部分を抑えれば、アップロード時点で上位表示の可能性はあります。YouTube検索の仕組みとして、 動画アップロード時点では基本情報を参考にしています。アップロード後、しばらく時間が経過し動画が最後まで観られているかという視聴者維持率のデータが取れだしたら、動画の内容や視聴者のリアクションが評価されているようです。

実際に公式ブログにも視聴者維持率が大事と書いています。

YouTube Creator Academy (視聴者をどれだけ引き付けられているかを把握する)
https://creatoracademy.youtube.com/page/lesson/engagement-analytics?cid=analytics-series&hl=ja#strategies-zippy-link-1

このブログ「YouTube収益化を目指して視聴回数を増やす方法」の内容はYouTube公式がアナウンスしている確定要素を、総合的に判断したものです。なので100%正解ではないでしょう。実際にはYouTube検索の仕組みはもっと複雑なものだと思います。確立した法則性のようなものはありませんが、YouTubeがアナウンスしている事に従い、正しく設定する事でそれなりの成果が得られることも事実なのです。

アップロード動画の基本情報はどのように設定すればいいのか?

では、どのように基本情報を設定すれば良いのか?まとめました。

  • 検索させたいキーワードをタイトル、説明文、タグの中に全てに盛り込む。
  • 検索させたいキーワードをタイトル、説明文、タグ、それぞれを早めに登場させる。
  • 嘘は書かない。
  • 関係ないことも書かない。
  • 説明文には動画の内容を書く。
  • タグ=大項目から小項目(最初に対象キーワードを載せる。)
  • ハッシュタグは3~5個がオススメ。16以上はNG。

それぞれ、解説します。

まず、タイトルと説明文、タグへ早い段階で対象となるキーワードを出現させます。これは簡単ですね。

その次に嘘を書かない事です。大きく見せようとしてもいけません。全く関係ないこともダメです。
仮に嘘をついたとしましょう。確かに一次的にYouTubeからの評価が上がるでしょう。しかし、バレると評価が下がるだけです。
またタイトルや説明文に興味を引く為に関係ない事を書けば、ユーザーにクリックされ、動画の視聴を開始してくれるでしょう。しかし、直ぐに視聴者は観るのを辞めてしまうでしょう。強引に観せて、視聴を辞められたら視聴者維持率が下がるだけです。結局のところ、1回の視聴回数をとって、次の機会を失うことに繋がってしまいます。

次に、説明文には動画の内容を書く事についてです。
説明文を読んで動画を観る人もいます。説明文を読んで視聴を選択された場合は最後まで観られる可能性が上がります。観る前から動画の内容をイメージしているからです。説明文の内容と動画の内容がマッチしていれば最後まで観てくれる確率は上がります。完全視聴すれば視聴者維持率が上げるわけです。

仮に説明文の内容と動画の内容が違えば観た人は直ぐに視聴を辞めてしまうでしょう。そうなると視聴者維持率が下がります。視聴者維持率が下がればYouTube検索結果への表示チャンスや関連動画に選ばれる機会を失います。
観て欲しいからと言って、事実ではない事を書くのは結局自分が不利になるだけなのです。ですので、基本情報の設定はユーザーファーストで行うべきだと捉えてください。

視聴者をイライラさせない事。視聴者の時間を奪わない事。関係ないものを見せない。視聴者が望む動画を望んでいるタイミングで視聴してもらう事がGoogleやYouTubeの理想なのです。心得ておきましょう。

次にタグです。タグは前述のように対象キーワードを最初に持ってくる事が前提で、対象キーワード以外にも関連のあるキーワードは早めに設置しましょう。その上で大項目から小項目にタグを設置して行きましょう。
例えば、自動車(概念)、セダン(車の種類グループ)、ベンツ(社名)というように考えて設置して行きましょう。タグは検索結果には大きな影響を与えませんが、関連動画の表示に大きな役割を担っています。

最後にハッシュタグに関してです。
公式アナウンスでは、ハッシュタグが15個を超えると全てが無視される仕組みのようです。恐らくInstagramのような感覚では付けてもらいたくないでしょう。16以上はNGです。弊社的には5個くらいをオススメします。特に最初の3つはタイトルの近くに表示されますので必ず設定しましょう。

まとめ

以上、YouTubeで視聴回数をスタートダッシュで増やす方法、いかがでしたでしょうか?

今回紹介した基本情報ですが、素早く効率よく設定できるブラウザの拡張機能があります。基本情報が適切に設定できているか、点数で教えてくれる機能もありますので一定の効果が見込めると思います。ぜひ試してみてください。

TubeBuddy
https://www.tubebuddy.com/tkcsystem
上記から無料でダウンロード可能です。課金された方は無料でサポートします。

不明点は連絡ください。
その際はチャンネル登録をお忘れなく。

「YouTube活用」の関連記事


新着記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA