株式会社火燵(こたつ)は、成果や売上にこだわる方のための動画マーケティング会社です。動画コンサルティング・動画制作・WEBマーケティング・動画制作内製化支援ならお任せください。

YouTube アプリでショート動画を作る方法

YouTube活用

皆さんこんにちは。株式会社火燵です。
今日は、YouTube アプリでショート動画を作る方法についてお伝えしていきます。

基本的な手順

ショート動画の作成メニュー

まず、YouTubeのアプリを開いたら、「+ボタン」→「ショート動画の作成」を選択します。

自動的にカメラが出てくるため、そのまま撮影に移ることができます。

その場で撮影する場合

カメラの撮影メニュー

右のアイコンから、下記機能などを使うことができます。

  • 速度調整
  • タイマー(撮影のためのカウントダウン)
  • 様々な種類のフィルター
    ※動画では紹介できてませんが、グリーンスクリーンの機能も備わっています。

自身のアルバムから動画を選択する場合

カメラ表示後、右下のチェックマーク

ライブラリから動画を選択した後、カメラが表示されます。その後、右下のチェックマークを押します。

チェックマークを押すと、動画の編集画面へと切り替わります。

動画編集

BGMの入れ方

動画にBGMを入れる「サウンド」

まず、BGMの入れ方に関してです。

  1. 左下の「サウンド」というボタンを押します。
  2. 検索画面と共に、人気の曲が表示されます。
  3. 動画にあった曲を探し、選択します。
  4. 曲を押した際に、右に向いた青い矢印が表示されます。
  5. そのボタンをタップすると、動画内に取り込めます。

テロップ

テロップの挿入方法

次に、字幕などの文字を入れていきます。

「テキスト」を選択し、文字を入れるとともに、フォント・色なども調整します。

「完了」ボタンを押したら、好きな位置まで指で動かし、配置します。

文字の出現するタイミング

テロップの表示タイミング調整

最後に、文字の出現するタイミングに関してです。

文字が表示される長さを、左右にある白い線を伸ばしたり縮めたりして調整します。

BGM・動画などを踏まえて、指で好きな位置にドラッグすることで、文字の出るタイミングを調整できます。

「YouTube活用」の関連記事


新着記事