Amazonスポンサーブランド動画広告とYouTube動画広告の違いを解説します

みなさん、こんにちは。株式会社火燵です。
今日は「Amazonスポンサーブランド動画広告とYouTube動画広告の違い」をお伝えしていきます。

0:00 Amazonスポンサーブランド動画広告とYouTube動画広告の見た目の違い
0:21 Amazonスポンサーブランド動画広告とは?
0:54 Amazonスポンサーブランド動画広告の仕様
1:07 YouTube動画広告とは?
1:37 YouTube動画広告の特徴
1:43 YouTube動画広告の種類と展開について
2:18 Amazonスポンサーブランド動画広告とYouTube動画広告の違い
2:30 ファネルについて
2:32 マーケティング活動におけるファネルの活用方法
3:53 Amazonスポンサーブランド動画広告が強い層
4:16 YouTube動画広告が強い層
4:38 Amazonスポンサーブランド動画広告の特性
4:58 YouTube動画広告の特性
5:18 広告費の設定について
5:29 Amazonスポンサーブランド動画広告の広告費設定について
5:50 YouTube動画広告の広告費設定について
6:18 まとめ

まずは、見た目の違いから説明していきます。

Amazonスポンサーブランド動画広告とは?

Amazonスポンサーブランド動画広告とは、Amazonの商品検索ページにある動画広告のことです。

Amazonスポンサーブランド動画広告

動画を視聴し、商品を比較検討できるため、消費者にとって有意義な広告であるといえます。

Amazonスポンサーブランド動画広告の詳しい仕様は、Amazon広告の公式サイトをご覧ください。

YouTube動画広告とは?

YouTube動画広告とは、YouTubeで動画を再生する前や途中に差し込まれる動画広告です。通常の動画とは再生バーの色が異なり、右下にスキップボタンが表示されるのが特徴です。

YouTube動画広告表示

YouTube動画広告には、スキップできるものとできないものがあります。

YouTube動画広告の種類と展開

YouTube動画広告を展開するには、Google広告の中でYouTube上の動画を指定します。
Google広告の設定画面では、動画の長さや、スキップ可能かなどの設定ができます。

Google広告 キャンペーン選択
このキャンペーンで達成したい目標を選択
Google広告 キャンペーンタイプ 動画を選択
キャンペーンタイプで動画を選択
Google広告 キャンペーンのサブタイプの選択
キャンペーンのサブタイプを選択する

ここでは、商品の特性に合った動画広告を設定をしましょう。


Amazonスポンサーブランド動画広告とYouTube動画広告の違いを詳しく説明します。

ファネル

ファネルとは、消費者が購入に至るまでの心理的な変化を表した図です。

ファネル

消費者は、認知している商品の中で興味関心のあるものを比較検討し、購入に至ります。つまり、知らない商品は購入する候補にすら挙がりません

購入した商品が「いいな」「感動したな」と思ったら、写真や動画をとってSNSにアップします。この行為が共有です。

すべての消費者は、このファネルのどこかに属しています。
業者側は、ファネルを活用してどの層に向けて広告を打つかを決め、収益を上げましょう

Amazonスポンサーブランド動画広告が強い層

Amazonで商品を検索する人は、購入を考えて調べている方が多いと考えられます。

ファネル 比較検討

Amazonスポンサーブランド動画広告は、購入に近い比較検討の部分に対して強い広告だといえます。

YouTube動画広告が強い層

Amazonスポンサーブランド動画広告に比べ、YouTubeの視聴者の購入意識は低いと考えられます。

ファネル 興味関心 認知

YouTube動画広告は認知層興味関心層に強い広告であるといえます。

特性

Amazonスポンサーブランド動画広告の特性

  • 所持している商品を売りたい方が利用するのに適しています。
  • 実際にAmazonで販売できるものである必要があるため、無形の商品は適していません。
  • BtoCの商品に向いています。

YouTube動画広告の特性

  • 商品やサービスを知ってほしい方に適しています。
  • Amazonで販売できない、無形の商品の広告も打てます。
  • BtoCBtoBのどちらの広告にも適しています。

広告費設定

Amazonスポンサーブランド動画広告の広告費設定

一日1,000円で広告費を設定し、売れ線キーワードがわかったときに広告費を増額する、という動きがセオリーです。

YouTube動画広告の広告費設定

認知層に打つ場合は、希望する閲覧度合いに合わせて一定の金額の広告費を設定し、出稿していきます。

まとめ

以上、Amazonスポンサーブランド動画広告とYouTube動画広告の違いをお伝えしました。
ご不明な点がございましたら、弊社までご連絡ください。
チャンネル登録よろしくお願いいたします。

火燵のYouTubeチャンネルアート
火燵 YouTubeチャンネル
動画で情報を発信する企業・個人を応援するチャンネルです。
登録すると、YouTube運営に関するあらゆる相談を無料でお答えします。

ただいま、多くのお問い合わせをいただいております。電話対応スタッフが不在の時は、折り返します。

受付時間 平日10:00~17:00(土日祝除く)

東京オフィス
香川オフィス