【動画マーケティング必須ツール】mouseflowを使って効果の高い動画の掲載場所決定方法 

みなさん、こんにちは。株式会社火燵です。

この動画では、 動画マーケティング必須ツールであるmouseflowを活用して

  1. 動画はサイト内の“どの”ページに配置すべきか
  2. 動画をページの“どこ”に配置すべきか

という、2つの項目について解説していきます!

動画制作プロセスの中で、どのような内容にすべきかが重視され、どうやって公開するか、どこに配置するかがないがしろにされがちではないかと思います。実は、動画制作時に掲載場所が決まっている場合の方が効果が出やすいです!掲載場所や雰囲気が分かると作るのも楽です!(経験則)
ぜひ、この動画をご覧いただき、コンバージョン・新規獲得数UPを目指していきましょう!

課題1:動画を“どの”ページに配置すべきか

結論:コンバージョンしたお客様がよく通る場所に掲載

mouseflowのsubmitタグでコンバージョンに至った人の行動パターンを分析します。

mouseflowのsubmitタグによって、“コンバージョンに至った人”の絞り込みが可能になります。これを活用し、個々のアクセス者の録画データを閲覧することで、ランディングページやどのページを閲覧したかなどを分析し、コンバージョンしやすい傾向を掴みましょう。

mouseflowのレコーディング画面の見方については、以下の動画をご確認ください(1:58〜2:45)。

サブミットタグのチェックでわかること

【参考】サイト訪問者の特徴

  1. 商品紹介ページをよく見る…商品情報・価値重視
  2. 会社概要ページをよく見る…企業価値・ステータス重視
サイト訪問者の特徴(製造業の例)

課題2:動画をページの”どこ”に掲載するか

結論:ページの上部に掲載

mouseflowのheatmapでページのよく見られている部分を分析

ファーストインプレッションはもちろん強いですし、ページは下に行くほど閲覧率は下がります。
しかし、ページの構成によっては上部が難しいという場合もあります。その時は、mouseflowのスクロールマップ機能を使い、70%を目安に掲載場所を検討してください。

実際のmouseflowのヒートマップ画面について、詳しくは以下の動画をご確認ください(4:17〜6:20)。

まとめ

以上、不明点があれば連絡ください。
チャンネル登録よろしくお願いします。

火燵のYouTubeチャンネルアート
火燵 YouTubeチャンネル
動画で情報を発信する企業・個人を応援するチャンネルです。
登録すると、YouTube運営に関するあらゆる相談を無料でお答えします。
関連の事業・サービスの詳細はこちら!
動画を活用した完全成果報酬型のWebコンサルティング

ただいま、多くのお問い合わせをいただいております。電話対応スタッフが不在の時は、折り返します。

受付時間 平日10:00~17:00(土日祝除く)

東京オフィス
香川オフィス